英語サイトがラクラク読めるChrome拡張機能「Weblioポップアップ英和辞典」

weblio-popup-01.jpg

対象:PCでWeb上の英文を読む人  
読了:約2分(953字) 
公開:2011-11/08 
更新:2017-04/25 

最近、英語ニュースサイト「Breaking News English」「VOA Learning English」などで多読をしています。

PCでWeb上の英文を読むときは、「Google Chrome」の拡張機能「Weblioポップアップ英和辞典」を入れておくと便利ですよ。

ポップアップ辞書は、知らない語彙が出会ったときに、他のページに移動することなく、簡単な操作ですぐに意味を確認できるのですごく重宝します。iPhoneやスマホの「長押し」よりもおそらく早いのでは?

英辞郎の拡張機能「英辞郎 on the WEB 拡張機能」もあるのですが、残念ながらポップアップ辞書は搭載していないんですよね。

いろいろなポップアップ辞書を試してきたのですが、自分の知る限りではこれが一番使いやすいと感じています。
 

Weblioポップアップ辞書が便利な4つの理由

(1) 熟語・句動詞にもある程度対応

weblio-popup-02.jpg

PC版Google Chromeの拡張機能には、ポップアップ辞書はいくつかあるのですが、単語でしか調べられなかったり、使い勝手が悪いものが多いんですよ。

ですが、この「Weblioポップアップ英和辞書」は、単語だけでなく、熟語・句動詞・慣用表現などもそこそこヒットするので、すごく助かります。

Chrome拡張機能「Google 翻訳」もインストールしてますが、特に熟語はWeblioのほうがヒットする確率が高いです。


(2) 設定をカスタマイズできる

Google Chromeの画面右上にアイコン群が並んでまして、Weblioポップアップ辞書のアイコン上で右クリック→「オプション」を押すと、設定のカスタマイズができます。

「ポップアップするための操作」「ポップアップするウインドウの大きさ」を設定変更できるのが、個人的にはすごくありがたいんですよね。

僕は「英単語を選択状態にし、Eキーを押してポップアップ」でポップアップする設定にしています。「英単語を選択状態にしてポップアップ」のほうが便利なのですが、選択しただけでいちいちポップアップが出てくるとかえって面倒なんですよね。

「ポップアップするウインドウの大きさ」は大きくしておいたほうが、情報量が増えるので便利です。


(3) 発音も聴ける

weblio-popup-03.jpg

ポップアップした画面内で、その単語の右横にある「スピーカーのマーク」をクリックすると音声が鳴ります。
※発音がないものもあるっぽい。

リスニングでも聞き取れるようにするためには、意味を知ってるだけでなく、発音が分かっていないといけないので、僕は発音は常にチェックしたい人なんです。なのでこの機能はありがたいなと(ノд`)゚・*:.。.


(4) サイトで詳細を確認することもできる

調べた単語の情報量が多すぎて、ポップアップウインドウに収まらない場合があるのですが、その場合は、ポップアップ画面上のその単語(青字)をクリックすることで、Weblioのサイトに遷移して調べることができるのでno problem。


欠点を上げるとすると、このポップアップ辞書に慣れると、もうスマホやiPadなどでWeb上の英語ニュースを読むのがわずらわしくなってしまう点です(;´∀`)
 
 
同じカテゴリーの記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)


PAGE TOP