TOEICスコア戦績&総勉強時間

score910-01.jpg

公開:2011-11/15 
更新:2016-11/21 部分的に加筆・修正 

 

TOEIC戦績


TOEIC-history-01.png


2008~2010年

2008年
138回 05月 560 L310 R250

2010年
156回 07月 620 L320 R300 ※600点台到達
157回 09月 710 L375 R335 ※700点台到達
158回 10月 665 L335 R330
159回 11月 785 L390 R395

2010年の夏頃までは、いろんなことに手を出していたのですが、「この会社で一生働きたくない!でも高卒で何のスキルもない僕が転職するためには、自分の強みを何か作らないダメだ」と痛感したんです。

それで、それまでダラダラ勉強していた英語学習に力を入れることにし、夏頃からTOEICを中心に勉強するようにしました。

「すでに高得点を獲得している人に倣うべき」と感じたので、満点ホルダーのTommyさんHUMMERさん のブログを熟読し、1日に2~3時間勉強するようにしたところ、600点を超え、徐々に700点を超えることも増えてきました。

【参考】初心者が確実に600点取れる6つの戦略と勉強法


2011年

2011年
160回 01月 735 L350 R385
161回 03月 不開催
162回 05月 745 L335 R410
163回 06月 790 L385 R405
164回 07月 715 L365 R350
165回 09月 805 L435 R370 ※10回目の受験&800点台到達
166回 10月 720 L370 R350

2011年に入って、700点を超えることが増えてきましたが、この年の夏頃から、リーディングパートが難化し始めたと感じています。

Part 5・6は空欄の前後を見ただけで解ける問題が減り、Part 7は英文が長くなり、「選択肢照合問題」の割合が増えました。

この時期に700~800点台だった方は、伸び悩んでおられる方が多い印象があります。

【参考】700~800点が確実に獲れる6つの戦略と勉強法

2012年

2012年
168回 01月 785 L420 R365
170回 05月 775 L380 R395
171回 06月 835 L435 R400
173回 09月 805 L405 R400
174回 10月 910 L445 R465 ※900点台到達
175回 11月 825 L415 R410
176回 12月 860 L445 R415


僕が910点取れたのは、「2010年10月のTOEICが比較的やさしめだったから」という運の良さもあります。TOEIC 800点台に入ったら、毎回受けることでラッキー回に当って900点を超えることがあることは知っておくといいと思います。

【参考】900点を確実に獲る!6つの戦略と勉強法

そして、2010年11月~12月のスコアが下がったのは、10月よりも少し難しめだったのもありますが、僕の英語力がまだまだ低いということです。

僕みたいに一度910点を取って800点に戻ってしまう人と、毎回910点を取る人、最高点が同じだとしても、毎回910点が取れる人の方が英語力は高いです。

ちなみに、900点台中盤の人、900点台後半の人、毎回満点を取る人も、それぞれレベルが違うようです。満点ホルダーの方々のスコア履歴を見てますと、900点台に入ってから満点を取るのに、2~3年はかかるようです。

【参考】990点満点を獲るための勉強法


2013~14年

2014年
194回 06月 790 L365/R425


2013年の春から、会話力向上のために、【 オンライン英会話 】と【 瞬間英作文 】だけで約1年過ごし、一切TOEIC対策せずに受けたらどうなるかを試した結果790点まで下がりました(笑)

会話力は向上しましたが、TOEIC高得点が最優先なのであれば、TOEIC対策本を中心に勉強したほうがやはり効率的だなと。

【参考】TOEICスコアが伸びない人によくある10パターンとその対策


2015年

2015年
198回 03月 790 L410 R380 ※20回目の受験
199回 04月 855 L420 R435
200回 05月 875 L460 R415
201回 06月 855 L440 R415
202回 07月 870 L410 R460
203回 09月 905 L435 R470 
204回 10月 835 L440 R395
205回 11月 895 L435 R460
206回 12月 880 L430 R450


2015年は、【 オンライン英会話 】も週5~6日で続けながら、1月~10月中頃までは『公式問題集や信頼できるTOEIC対策本』を中心に勉強しました。

9月のTOEICで再度900点が取れたので、10月中頃から英検準1級の過去問で勉強することにしました。英検はTOEICと被らないトピックも多いので、TOEICスコアはしばらくこの900点前後で伸び悩むと予測しています。

「TOEICによく出る語彙・トピック・問題・文書」というのがあるので、TOEICスコア最優先の方は『公式問題集や信頼できるTOEIC対策本』で勉強したほうがいいです。


ただ、TOEIC中心の勉強で学べる英語力は非常に限定的なので、800点を超えてきたら、スピーキング力もきたえて英会話を始めたり、映画・ドラマ・TEDなどの生に近い素材で勉強したり、英検1級をめざしたり、より高くて幅の広い英語力の獲得を心掛けていったほうが良さそうです。


2016年

2016年
207回 01月 850 L455 R395
208回 03月 925 L470 R455 ※30回目の受験
209回 04月 925 L460 R465

新形式開始
210回 05月 880 L475 R405
211回 06月 880 L445 R435
212回 07月 915 L465 R450 ※新形式で900点超え
213回 09月 900 L470 R430
214回 10月 920 L485 R435
215回 11月 905 L470 R435
216回 12月 845 L445 R400


2015年の10月から、英検中心の勉強を始めて約半年、3月・4月のTOEICで再度900点を超えることができました。この間、TOEICの勉強はしていません。3月・4月のTOEICはRパートが易しかったので、それが大きな理由かもしれません。


英検メインでいくつもりだったのですが、2月~3月に『公式問題集 新形式問題対応編』を解いてみたところ、「新形式は対策をしっかりやらないと、900点を維持できないな」と感じたので、再度TOEICの勉強もやることにしました(^_^ゞ

4月のTOEICが終わってから、『公式問題集 新形式問題対応編/非公式問題集/新形式完全攻略模試』の合計テスト5回分の音声と英文を精聴精読した上で、毎日2時間トレーニングしてきたところ、7月のTOEICで再度900点を超えることができました\(・ω・)/

模試は合計で9冊トライしてきましたが、この3冊はもっとも問題と英文の質が高く(=本試験にもっとも近く)、『非公式問題集』『新形式完全攻略模試』は新形式のノウハウが学べるのでお勧めです。

800点までなら、この3冊の音声と英文使って徹底的にトレーニングすれば可能だと考えています。新形式TOEICの対策と勉強法については、次の記事を参考にしてみて下さい(・∀・)/

【参考】新形式TOEIC 対策と勉強法まとめ リスニング編 / リーディング編


2017年

217回 01月 930 L465 R465 ※ベストスコア
218回 03月 905 L460 R445 ※40回目の受験
219回 04月 受験済み
220回 05月 申し込み済み



英語 総勉強時間


30歳頃、英語の勉強を始めたときに、『海外経験ゼロ。それでもTOEIC 900点』という英語の勉強法指南書に出会いました。

その本に「1000時間を目標に、まず100時間勉強し続けてみよう」とあったので、それ以来、勉強時間を測ることにしました。


2007年合計:285.5h
2008年合計:452.5h (738h)
2009年合計:302h (1040h)
2010年合計:676h (1716h)
2011年合計:898h (2614h)
2012年合計:1586h (4200h)
2013年合計:981h (5181h)
2014年合計:595h (5776h)
2015年合計:1150h (6926h)
2016年合計:1394h (8320h)
2017年合計:488h(8808h) ※4月現在


勉強時間を測ることで、自分が今まで頑張ってきたことを客観的に見ることができるので自己肯定感が高まります。

英語を勉強していると、「プラトー」という伸び悩みを感じる時期が何度もやってきますが、そんなときでも、自分の勉強時間を顧みることで「英語上級者は、最低でも1万時間は勉強している。多い人は数万時間。僕はまだまだ勉強が足りない」と自分に発破をかけることができます。


また、単純な話ですが、5000時間も勉強すると確実に英語力は伸びます

「量より質が大事」という人もいますが、英語上級者の方々を見てますと、間違いなく僕よりもずっとたくさん勉強されています。そこから分かってきたことは、「量をこなすからこそ、質の高め方が分かる」ということ。

めざせ1万時間!(・∀・)/

【参考】英語を5000時間勉強したので継続のコツをまとめてみた
 
同じカテゴリーの記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)


PAGE TOP