カランメソッドを1年やったので効果と注意点をまとめてみた

callanmethod.jpeg

対象:英会話で伸び悩みを感じている/もっと流暢に話せるようになりたい 
読了:約18分(10719文字) 
公開:2014-06/19 
更新:2016-07/17 部分的に加筆・修正 
Image by Callan Method Organization

2014年の6月から約1年、【 オンライン英会話 】のスクール「English Talk」で、英国発の英会話習得法「カランメソッド」というレッスンを受けました。

全12ステージ中のステージ7で飽きてしまい、ドロップアウトしてしまいましたが(笑)、カランメソッドを1年やったお陰で、センテンスできちんと答えるクセが身につき、流暢さが増し、疑問文が聞き取りやすくなったと感じています。

不満を感じる点もいくつかあるのですが、フリートークや記事レッスンにはない良さがあります。そういった点をまとめてみました。
 

 

1. そもそも「カラン」って何だべさ?


callan.jpg

A:「カラン」ってお風呂にある「シャワー」の反対側にあるヤツよね?
B:そうそう、顔を洗いたいときに、洗面器にお湯を溜めて…ってちゃうわい!ヾ(゚Д゚ )

こういうのを「ノリツッコミ」といいます。

ん?

あ、カランについての説明でしたね。

「カランメソッド」というのは、イラストや写真などを見ながら、先生が英語で2回質問をして、即座に英語で正確に答える会話トレーニングです。

内容は、最初はやさしいのですが、先生はわりと高速で質問され、こちらも即座に答えないといけないので、フリートークやアーティクル(記事)のレッスンとは雰囲気が全然違って、かなりスパルタです。

「百文は1動画にしかず」なので、動画を2つ載せておきます(・∀・)b


▼カランメソッドのレッスンによく出てくるブラウン一家

(0:50から、実際のレッスンが見られます)





通常の4倍速く上達するらしい

また、カランメソッドを提供している「e英会話」の説明によりますと、


通常の4倍の速さで英語を習得できる


らしいです。シャア少佐もビックリですな。

【参考】カランメソッドをオンライン英会話のe英会話で カリキュラム紹介


さすがに「通常の4倍の速さ」で上達するというのは言い過ぎな気もしますが、実際にカランのレッスンを1年受けてみて、センテンスで答えるトレーニングにはなりましたし、「このまま継続していったら、かなりのレベルに到達できそう」と感じました。


魔法の杖ではない

とは言え、『英語耳』の著者・松澤喜好さんが仰るように「英語は壮大な慣れ」なので、いくらカランであっても、週1回程度受けるだけではなかなか上達しないです。最低でも週に2~3回は受けたほうがいいかなと。

また、英語初心者にはカランメソッドは厳しいと感じました。おそらくハード過ぎてついていけないと思います。この辺りは後述します。

効果的ではあるけれども、「魔法の杖」ではないということです。

マハリク マハリタ ヤンバラ ヤンヤンヤン」「テクマクマヤコン テクマクマヤコン 英語ペラペラな人になーれー」という風にはいかない。




2. カランメソッド 6つの効果


dondon.jpg
瞬間英作文|英語上達完全マップ

カランメソッドを受けていて感じる効果をまとめてみます。

(1) 瞬間英作文で学んだことの復習+実用化

カランメソッドは、基礎的な語彙と文法の使い方を中心に1つ1つ学んでいくメソッドなんです。

僕がカランメソッドにハマった理由は、瞬間英作文で学んだことを、実際の会話で瞬時に&正確に使えるようにするためのトレーニングになると感じたからです。

【参考】英会話の上達に効果抜群の独学勉強法「瞬間英作文」


(2) "英語で"英語を学べる

カランメソッドのレッスンを受けていると、「イギリスの小学校の、文法や会話の授業って、たぶんこんな感じなんだろうな」という気がします。英語を英語で学ぶ感じ。

当然、説明もすべて英語なので、最低限の英会話力は必要になります。ですが、もう留学しなくても、日本に居たままにして、英語ペラペラの先生の授業が受けられる時代なんだなと(*´∀`*)


(3) 日本語を介さない → 反応速度の向上

上述したように、カランメソッドは、英語の質問に英語で答えるトレーニングです。

その分ハードルは高いですが、瞬間英作文のように日本語を介さないので、英語に対する反応速度は高まりますし、カランでトレーニングできる文法・語彙・表現は、瞬時に出てくるようになります。

一番最初のステージ1のレッスン1の内容は、イギリスの幼稚園児レベルくらいじゃないかと思うのですが、瞬時に正確に答えないといけないので、最初はけっこう間違えると思います。

TOEIC 900点超えてても、「こんなにできないのか…」と落ち込むこと間違いなし!(`・ω・´)b キリッ←自慢することではない


(4) センテンス(文)で答えるクセが身につく

perapera-business-01.png

英会話ペラペラビジネス100』の著者、スティーブ・ソレイシィさんが、次のように仰っておられたんです。


英語は主語・動詞から始めることが鉄則。どんなシンプルな会話でも、かしこまった話でも、主語を抜いてはだめ。(P. 10)


英会話を始めた頃って、センテンス(文)ではなく、単語やフレーズで答えてしまうことがよくあると思います。もちろん、ネイティブも単語やフレーズで返答することはあるので、必ずしも間違いというわけではないです。

ただ、ネイティブは「正確なセンテンスは分かっていて、会話の流れから判断してもらえるであろうから、(冗長になるのがイヤで)省略して単語やフレーズで答えている」のであって、本来はきちんとした答え方があるんですよね。

ずっと単語やフレーズで話してばかりだと、幼稚に聞こえてしまうようです。実際、日本語でも単語やフレーズで答えてばかりだと、子供っぽく聞こえたり、ぶっきらぼうに聞こえたりしますよね。「知らん」「欲しい!」「飽きた」「めしー」「風呂ー」「寝るー」とか。

もちろん、英会話を始めた頃は、それでも全然問題ないと思うのですが、僕はスティーブさんのその言葉がずっと頭にあって、「上級者をめざすのであれば、やはりきちんとセンテンスで返答できるようにならないといけない」と感じていたんですよね。

で、カランメソッドではセンテンスできちんと答えられるまで何度も言い直しをさせられるんです。ね、スパルタでしょ?(笑)

今でも「なるべくセンテンスできちんと答える」ということを意識できているのは、カランメソッドで1年鍛えられたお陰だなと。


(5) 記憶に定着しやすい

上記の動画をご覧いただいた方はお分かりいただけたと思いますが、写真・イラストを使うので、文章だけの瞬間英作文よりも、理解しやすくイメージに残りやすい=記憶に定着しやすいと感じています。


余談ですが、「写真やイラストを使うと理解しやすくイメージしやすい」という意味では、「ロゼッタストーン」も効果があるのではないかと考えています。

Web体験版と、ヨドバシカメラでやっていたデモで10時間くらい試してみたのですが、すごく楽しかったです。

以前は値段が高かったので、手を出さなかったのですが、月額5000円で受けられるコースができたんです。あと、スカイプレッスンも受けられるようなサービスもあるので、試してみようかなと思っています。


(6) ゲーム感覚で楽しい

個人的には、カランメソッドはゲームみたいに感じています。先生の質問文に対して正確に返せると、先生が「Great!」と言ってくれるのが単純に嬉しい(*´∀`*)←子供

一人で孤独にやる瞬間英作文と違って、「Great!」と褒めてくれる先生がいるだけでこんなにモチベーションが上がるものなんだなと。「会社や家庭で褒められることはない」という方であっても、カランのレッスンの間だけは褒めてもらえますよ!(笑)

あと、当然ですが、間違ったら指摘してもらえますし、不明点は質問すれば答えてもらえるので、それも瞬間英作文トレーニングにはないメリットですね。




3. こんな人におすすめ

「伸び悩んでいる」「フリートーク飽きた」


question-worry-doll-1.jpg
FreeDigitalPhotos.net

オンライン英会話 】を始めて半年~1年くらい経つと、シドロモドロながらも、あいさつやあいづち、簡単な自己紹介や仕事・趣味の話程度であれば、それなりに話せるようにはなってくると思うんです。

ただ、「ネイティブレベルには程遠い…」という状態じゃないかと。

そんな今の僕と同じような、英会話初級~初中級レベルの人には、ちょっとスパルタ的なカランメソッドは、負荷があってちょうどいいレッスンになると思います。


「きちんとした英会話を身につけたい」

ある程度オンライン英会話をやっていると、「趣味や自分のことについても、アーティクル(記事)レッスンでも、言いたいことの6~8割は何とか説明できるようにはなってきたけど、きちんとした受け答えはできていない気がする。会話の基本的な部分がゴッソリ抜け落ちている気がする」という風に感じたりしませんか?

僕は今まさにそれ感じています(笑)。

カランメソッドは、日本の中学レベル(イギリスの幼稚園児レベル?)の文法項目からやるので、徹底的に基本からきたえることができます。「きちんとした英会話を身につけたい」「『何とか通じる』というレベルを卒業したい」という方には最適かなと。



「流暢に話せるようになりたい」

カランのレッスンでは、正確に素早く答えることか求められるので、「(文法事項的に)もっとスラスラと話せるようになりたい」と感じている方にもお薦めだと思います。




4. カランを受講前に準備すべきこと


shar-tatakaitoha.jpg
機動戦士ガンダム THE ORIGIN 公式サイト

カランのレッスンを受ける前に、次の3つのことをやっておいたほうがいいと思います。


◆ カランメソッドを受ける前にやっておいたほうがいいこと ◆
(1) 瞬間英作文テキストを1冊以上やっておく
(2) 会話でよく使う表現を学んでおく
(3) 自分について英語で説明できるようにしておく


これらについては、詳しくは「オンライン英会話 初心者が撃沈しないために準備すべき5つのこと」の記事を参照して下さい。

ここでは簡単な説明に留めておきます。

まず、カランのレッスンは、基本的に文法項目別に進んでいくので、「文法項目別の瞬間英作文」を最低1冊、可能であれば3冊くらいやっておくと、かなりスムーズに進んでいけると思います。

カランメソッドのレッスン中に、「他の生徒はかなり苦労してたけど、Tsuはカランを初めて受けるのに、そこそこスラスラ言えてるわね。どうして?」みたいなことを聞かれたのですが、これは確実に、瞬間英作文を1万文近く(20冊くらい)やってきたお陰です。


また、あいさつ、あいづちなど、会話に最低限必要な受け答えをできるようにしておいたほうがいいです。でないと、レッスンの最初の small talk(雑談・世間話)でつまずきます。

【参考】オンライン英会話で僕が頻繁に使ってきた超便利フレーズ200


あと、先生によっては、英語を勉強している理由、仕事・趣味などを聞かれることもあるので、そういったことにも対応できるように、自分のことを英語で言えるようにしておきましょう。

次の記事で、「自分のことについて説明できる本」をいくつか紹介しているので、参考になさって下さい(・∀・)b

【参考】オンライン英会話に最適!レベル別おすすめ教材・テキストまとめ




5. カランメソッド 5つの注意点


kaoru388.jpg

カランメソッドを受講する際の注意点についてまとめておきます。

(1) 最低週に2~3回受けたほうがいい

カランメソッドの回し者的発言で恐縮ですが、最低でも週に2~3回くらいはやらないと、おそらく効果を実感できないと思います。英語の勉強はTOEICでも何でもそうですが、週に1回程度だと忘れていくんですよね。


また、オンライン英会話をすでにされている方はご存知だと思いますが、通常1レッスン当たり25分しかないので、最初のスモールトークで5分くらい話すと、カランでのトレーニングは賞味20分くらいになります。

20分って、アッという間ですよ。脳が英語モードに切り替わる頃に終わる感じです。

そんなわけで、「少しでも早く、きちんとした英語を話せるようになりたい」という方は、1日2レッスン ✕ 週2~3回受けることをお薦めします。


(2) 自分に合った先生を見つける

自分に合った先生が見つかるまでは、しばらくジプシーしてみる(いろんなスクール・先生を試してみる)といいと思います。

どのスクールでもそうですが、先生によって教え方は異なりますし、性格的な相性もあるので、いろんなスクールの体験レッスンを受け、自分に合う先生が見つかるまでは、いろんな先生のレッスンを受けてみたほうがいいですね。

カランメソッドが向いている先生と、向いていない先生がおられる感じがしています。個人的には、カランメソッドにそこそこ忠実にやってくれつつ、でも、カランメソッドによくある意味不明な質問は軽く流してくれる、空気の読める先生が気に入っています。

とりあえず、10人くらいの先生のレッスンを受けてみると、自分がどういう先生が好みなのかが、相対的に何となく分かってくるはずです。

【参考】オンライン英会話 初心者のための先生の選び方 8つのコツ


(3) 必ずフルセンテンスで答える

僕のお気に入り教材の1つである「なるほどフレーズ100」



の著者・スティーブ・ソレイシィさんが口酸っぱくおっしゃっておられるのが、



英語は基本、フルセンテンスで答える



というもの。

「Good.」「No way.」「Sorry.」などの答え方も確かにあるのですが、それらは「(That's) good.」「(There's) no way.」「(I'm) sorry.」の省略形で、例外の部類に入るようです。


カランメソッドのレッスンでも同様で、「Is this a pen?」と質問されたら、「Yes.」や「Pen.」と答えるのではなく、「Yes, it's a pen.」や「No, it isn't a pen. It's a pencil.と答える必要があります。フルセンテンスで答えないとやり直しさせられます。

ですので、あらかじめ「瞬間英作文本・教材」の「文法項目別」の本で、フルセンテンスで答える練習をしておくとカランでつまずきにくくなると思います。


あと、カランをやるまでは、「質問に答えるときに、it と that、どちらで答えたらいいのか?」でイマイチ分からないことがあったのですが、少しずつ解決してきつつあります。


(4) 短縮形で答える

短縮形があるものは、短縮形で答えないといけません。あと、「contraction(短縮形)」という言葉も使われるので覚えておいたほうがいいです。


I am = I'm   you are = you're
he is = he's   she is = she's   they are = they're
is not = isn't   are not = aren't
there is = there's   there are = there're
can not = can't
I will = I'll   you will = you'll
will not = won't
I would = I'd   you would = you'd
would not = wouldn't
should not = shouldn't
I have = I've   you have = you've
he has = he's   she has = she's
have not = haven't   has not = hasn't



(5) 知っておいたほうがいいワード集

カランのレッスン中に、僕が「?」ってなった用語や、「これは知っておかないと何のレッスンをやろうとしているのか理解できないかも」と感じたものをまとめておきます。


contraction 短縮形
plural [plúərəl] 複数形
imperative [impérətiv] 命令形

vowel 母音
consonant [kɑ́nsənənt] 子音

cardinal [kɑ́ːrdnl] number one, two three...
ordinal 序数(first, second, third...)

positive sentence 肯定文
negative sentence 否定文
question/interrogative sentence 疑問文

infinitive [infínətiv] 不定詞
gerund [dʒérənd] 動名詞

possessive adjectives(所有形容詞)- my, your, their, his, her
possessive pronouns(所有代名詞)- mine, yours, theirs, his, hers

be verbs - is, was, am, are, were, be, been
auxiliary verbs (助動詞) - do, does, did, have
modal verbs (法助動詞) - can, could, may, will, would, might, shall


この項目もステージが進むに連れて、追加していくと思います。




6. カランメソッドの改善希望点

●英語初心者向けではない

上述しましたが、カランメソッドは英語初心者向けではないです。

開発者のカランさん的には、英語初心者向けに開発したメソッドだと思うのですが、日常生活で英語に触れる機会がない日本人がいきなりカランメソッドを始めるのは厳しい気がします。

いきなり、文法用語が”英語で”出てくるし、「○○と△△の違いは何?」と”英語で”説明しないといけないとか、無理だろうと(-_-;)


●あまり実用的でない変な英文がある

例えば、不規則動詞「shine」の過去形を学ぶための例文。


Did the sun shine last week?
太陽は先週輝いていましたか?


関西人なら確実にツッコみたくなる例文だと思います。


あと、カランメソッドの英文は、基本的に日常会話が中心なのですが、不意打ちで…


Was the battle above us in the air?
その戦闘は私たちの上空で起きたのですか?


え、いきなり戦争中?みたいな。

『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』などの「瞬間英作文本」をトライしたことがある方は似たような経験をされていると思いますが、「話すための文法」を効率良く学ぶためには、こういうちょっと変な英文で学ばざる得ないのかなと( ´д`)=3

ただ、こういった変な英文を「Oh, weird question, again!(また変な質問だ!)」と言って先生と一緒に笑い合えるのは、ある意味、長所かもしれないですが。


●文法事項を英語で説明するのが面倒

先ほども少し触れましたが、たまにある、文法事項を英語で説明しないといけないのが、つまらない&面倒臭いです。


What's the difference between gerund and infinitive?
(動名詞と不定詞の違いは何か?)

What's the difference between present perfect and present simple?
(現在完了形と現在形の違いは何か?)


僕は学生時代やTOEICをメインでやっていたときに、文法はけっこう勉強したので、たいていの文法事項は日本語では説明できます。とは言え、英語で文法事項を説明するのは難しい。

そこで言い淀んでると、先生が「この子は、この文法を理解していない」と思い始め、その説明し始めるのですが、「いや、文法は分かっているのですが、英語で説明するのが難しいだけなのです」となるのが面倒臭いなと(-_-;)

文法用語も英語で言えたほうがいいですし、物事を説明するときに使える表現も学べるので、決してムダではないのですが、いかんせん、楽しくない。文法の説明はそんな頻繁ではないのですが、たまにあります。


●アメリカ英語バージョンがやりたい

アメリカ産のTOEICで育った僕ですが、カランメソッドはイギリス産です。

例えば、ディクテーションレッスンで、イギリス英語のスペル「colour」にしないといけないのに、アメリカ英語の「color」にしてしまったり。
(それくらい負けてと思うねんけど)

あと、イギリス英語特有の「Have you got...?」という疑問文があったりするので、ほぼアメリカ英語でできている自分はたまにつまずくときがあります。
※「Do you have a book?」は英米共通ですが、イギリス英語では「Have you got a book?」とも言うらしい。

カランメソッドもTOEIC同様に、おそらくユニバーサルな(普遍的な)英語をめざしてる感じはするので、イギリス特有の表現は今のところそこまで多くはないですが、個人的には「アメリカ英語バージョンがあればいいのに」と思います。



カランメソッドは、効果を感じてますし、コンセプト自体はすごくいいと思うのですが、改良の余地は大きいですね。もっと実践的で、現代的な英文にして欲しい。

そんなわけで最近は、カランメソッドの進化版と言われている「DMEメソッド」も気になっています。

今は忙しくてちょっと余裕がないですが、DMEも受けたらまたブログで感想を書きます。




7. カランメソッド提供スクール一覧

(料金等は2014年6月のものです)

単純に比較はできないのですが、自分が調べている限りでは、カランメソッドを提供しているスクールは、1レッスンの料金が高い印象を受けます。

レアジョブ英会話」「DMM英会話」「産経オンライン英会話」などの「毎日1レッスン(25分)話して月額6000円前後」の"コスパ重視系"スクールに比べると、高いところが多いなと。


レアジョブ・DMM・産経……200円前後/1レッスン
カラン提供スクール …………500円前後/1レッスン


※キャンペーン・契約期間・選ぶ先生によっても前後するので1つの目安として下さい。


やっぱり、カランメソッドに支払うラインセンス料とかの関係があるのかなと。


ちなみに、このまとめを作る際にいろいろ調べていて見つけた、オンライン英会話情報サイト「イースピ!」さんの記事「脅威のカランメソッド(callan method)【効果実証!4倍速英語学習】」のほうが、カラン提供スクールのまとめは圧倒的に充実しているので、そちらをご覧になられたほうがいいかもしれません(^_^ゞ
※ただ、この記事でご紹介している「EnglishTalk」と「ENGLISH METHOD」はなさそうです。


●EnglishTalk

オンラインの早朝英会話、スカイプ英会話ならEnglishTalk

入会金無料
料金●毎日1回レッスン:月額6800円
(ただし予約は1レッスンのみ)

●月10回レッスン:5000円
●月22回レッスン:10000円
教材購入必ずしも必要ない
体験レッスンほぼ2回(無料)
(数名ポイントが高い先生がおられます)

僕が現在、受講させていただいているスクールです。他のスクールでは、体験レッスンしか受けたことがないので、比較するのは難しいですが、2年近く続けさせていただいているスクールなので、良質なスクールの部類に入るのではないかと考えています。

カランメソッドは2014年の夏から週に3~4回のペースで受けています。残りは記事レッスン。カランレッスンもフリートークも記事レッスンも料金は変わらないです。


●ENGLISH BELL 英会話

オンライン英会話ならイングリッシュベル

入会金無料
料金●月10回レッスン:6400円
●月20回レッスン:9800円
教材購入必ずしも必要ない
体験レッスンほぼ2回(無料)
(ネイティブ講師は高い模様)

カリキュラムが充実してそうなスクールだなと。通常のカランメソッドだけでなく、「DME(Direct Method for English)レッスン」というのもあり、カランメソッドよりも実践的にトレーニングできるらしいので、そちらも体験レッスンで受けてみようかと考えています。


●QQ English

4倍速のカランメソッド QQイングリッシュ

入会金無料
料金●月10回レッスン:2980円
●月16回レッスン:3980円
教材購入必要
体験レッスンほぼ2回(無料)
(先生によって違う模様)

QQ Englishは、「カランメソッドの正式認定校」なんです。また、講師全員に国際資格である「TESOL」の取得を義務付けているらしく、Web上での評判を調べていると、講師の評価は他スクールと比べて比較的高いと感じています。

【参考】オンライン英会話の利用実態調査

うちのブログの読者さんでもQQ Englishを利用している方がおられ、長く続けておられるのでやはり質はいいのかなと。ただ、カランメソッドをやる場合、教材は購入する必要があるみたいなのが気になります。


●e英会話

e英会話で4倍速く学べるカランメソッドコースを無料で体験!

入会金5000円
(2014年6月現在、無料キャンペーン中)
料金●月8回レッスン:6800円
●月15回レッスン:9800円
教材購入必要
(レッスン料に含まれる)
体験レッスン3回(980円)

体験レッスンが有料で、月額料金も割高な感じがしていますが、先生の質に力を入れているらしいので、興味があります。


●ENGLISH METHOD

ENGLISH METHOD

入会金無料
料金●月約10回レッスン:5000円前後
●月約20回レッスン:10000円前後
(プランや先生によって料金が大きく異なる)
教材購入必要
体験レッスン約1~2回(無料)
(先生によってポイントが違う)

上述の「ENGLISH BELL」同様、DMEのレッスンが受けられます。ただ、ポイントの仕組みがけっこうややこしい……。


●E-Friend

オンライン英会話ならイーフレンド 1レッスン156円~

入会金無料
料金●毎日1回レッスン:月額5700円
(ただし予約は1レッスンのみ)
●毎日2回レッスン:月額9700円
(ただし予約は2レッスンのみ)

●月10回レッスン:月額4000円
●月20回レッスン:月額7800円
教材購入必ずしも必要ない
体験レッスン1回(無料)

値段だけで見るなら、最も安くカランメソッドを受けられる部類に入る気がします。




8. 「カランメソッド」おすすめ記事・サイト


カランメソッドに関する記事・サイトをまとめてみました。

話題の「フィリピン英語」でペラペラになる!
「東洋経済オンライン」のカランメソッドについての特集記事です。もう少し詳しく知りたい方にお薦め。

脅威のカランメソッド(callan method)【効果実証!4倍速英語学習】 | イースピ!
この記事を作成する際に、カランメソッドについて調べていたら、うちよりずっとカランメソッド詳しいWebサイトさんの記事を発見しました(笑)。カランメソッド導入校の比較、体験レッスンの感想に関しては、この記事よりもずっと詳しいのでお薦めです。

Callan Method Organisation(英語)
カランメソッドの公式サイト。英語なのでご注意。


◆ 「オンライン英会話」おすすめ記事 ◆
「オンライン英会話とは?」
効果と注意点まとめ / メリットとデメリット
いい先生の選び方 / 勉強の軌跡

「オンライン英会話の準備をしたい!」
「始めてみたけど、どうしたらいいか分からん!」
初心者 5つの準備 / 便利フレーズ200
「自分を英語で説明できる」ようにする
使い方&予習・復習のやり方 / 習慣化のコツ

「スピーキング力を上げたい!」
瞬間英作文 - 効果的なやり方 / 暗唱
● 発音向上:発音練習 - 7つの発音ルール

「リスニング力を上げたい!」
ディクテーション
オーバーラッピング&シャドウイング
リスニングが上達しない4パターン

「最近伸び悩んでる…」「もっと上達したい!」 
英会話が上達しない5パターン / カランメソッド

 
同じカテゴリーの記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)


PAGE TOP