TOEIC スコアもリーディング力も向上するPart 7「精読」勉強法(お手本画像あり)

toaru02.jpg

対象:リーディングが苦手/速読・多読をしてるけど伸び悩んでいる 
読了:約17分(8439字) 
公開:2013-01/23 
更新:2014-10/26 読みやすさ向上のためほぼ全面書き直し 

さまざまな勉強法を試してきましたが、英文を読むのがすごく苦手だった僕が、TOEICのリーディングで465点を取れたのは、テスト約10回分のPart 7の全英文を【 精読 】した上で、20回以上【 通読 】するトレーニングをやったお陰です。

この記事は「TOEIC リーディング465点が獲れたPart 7勉強法「通読トレーニング」」の【 精読 】に焦点を当てた記事になります。

それでは参りましょう(=゚ω゚=)/

1. そもそも「精読」って?


careful-reading.jpg

精読というのは、英文を正確に理解する作業のことで、英文解釈とも言います。

語彙の意味を辞書で調べるだけでなく、不明な文法や文構造などもチェックすることも含まれます。

また、Part 7の語彙はPart 3・4に出てくることも多いので、僕はうろ覚えの発音・アクセントもチェックしています。

さらに、TOEICにおいては、Part 7の問題を解くのに重要な、「言い換え」(パラフレーズ)や「キーワード」、不正解選択肢が不正解になる理由などもチェックすることで、効率的にスコアアップさせることができます。

この辺りは後述します。



2.「TOEICで精読は不要」なのか?

「TOEICで精読不要派=できる人」では?

TOEIC上級者の方々のアドバイスの1つに、「TOEICではじっくり英文を読む時間はない。ザッと英文を速読できるスキミング力、必要な情報を拾えるスキャニング力が重要だから、精読する必要はない」というのを聞いたことがあると思います。

もちろん、精読せずに、速読・多読トレーニングでリーディングスコアが伸びている方はそれでいいと思います。

ですが、個人的には、「TOEICで精読は要らない」と仰るTOEIC上級者の方々は、学生時代にすでに精読をやっていて、すでにある程度英文が読めたのではないかという気がしています。


僕は学生時代、文法は多少できましたが、英文を読むのが非常に苦手でした。そんな僕がリーディング苦手を脱出できたのは、精読(+音読・速読)のお陰です。

ですので、英文を読むのが苦手な人や、また、速読・多読をしているけどスコアが伸びない人は、精読を試してみることをお薦めします。


速さだけでなく"正確さ"も必要な件

実はTOEICでは、速さだけでなく、「細かい情報を捉える正確さ」も非常に重要です。

例えば、Part 7では、たった1つの形容詞を見逃すだけで、正解の選択肢が選べないということが起こります。

また、Part 3・4においても、設問や選択肢をテキトーに読んでると、不正解の選択肢を選んでしまうようなヒッカケ問題がよくあります。

つまり、TOEICでは、速さはもちろん、”正確に読む力”がないと、高得点が取れないのです。

この”正確に英文を読む力”を養うのが、「精読」です。



3. 精読の注意点・ヒント

音読・速読の前にまず、精読

英語の速読に関する本やWEBサイトを読んでると、

「とにかく速く読みましょう」
「時間を測って読みましょう」
「視線を速く動かしましょう」

という内容が多いのですが、そもそも、文法や文構造を正確に理解できていない英文を、何度速く読んだどころで、”正確に”速く読めるようにはならないんです。僕はこのことに気づくのにけっこう時間がかかった気がします。

よく考えてみると、僕らだって、最初に絵本を読み始めたとき、いきなり速読から入ったわけではないですよね。絵本を読み始めたばかりの子供が速読から入り始めたらちょっとコワイ。アメリカの子供たちだっていきなり速読から入ってはいないはずです。

なのに、なぜか英語を初めて学ぶ日本人は、速読から入ろうとする不思議(笑)。

英語初心者や、リーディングが苦手な方は、「音読・速読トレーニングに入る前に、精読する」という習慣をぜひ付けていただきたいです。


精読にかかる時間は徐々に短くなる

あらかじめ申し上げておきます。

精読を初めてやる方は、知らない語彙・文法だらけなので、模試・問題集の1冊目のPart 7の問題文(SP9つ・DP4つ)の精読を終えるのに、めちゃくちゃ時間がかかります。

現在の英語力や精読の丁寧さにもよりますが、1日1時間を1文書のペースでやっても、半月くらいかかります。


ですが、いろんな英語学習者さんをサポートしてきて、精読をやり続ける人は、例外なく伸びるなと。仕事に時間をかけても会社での評価は上がらないかもしれないですが、精読にかけた時間は裏切らない。なんの格言?

また、英文が読めるようになってくるにつれて、精読にかかる時間も徐々に短くなってきます。リーディングで400点を超えてくると、精読はすぐに終わるようになるはずです。


問題文はコピーすると勉強しやすい

精読のやり方ですが、『公式問題集』や『究極の模試』など、解説編にも問題文(本文)が付いてるタイプの模試・問題集であれば、そちらに書き込むほうが手間は省けると思います。

ただ、解説編に問題文が掲載されていないタイプの模試・問題集は、いったん書き込んでしまうと、解き直せなくなってしまいますよね。

また、『超リアル模試』のように小さい解説テキストだと書き込みにくいですし、逆に大きなテキストだと出先でスキマ時間にパッと読むのがやりにくい。


そこで、僕の場合、模試・問題集のPart 7の問題文を「B5」サイズに印刷したものに書き込むようにしています。

自宅の複合機かコンビニで、Part 7の問題文をB5サイズの用紙にコピーし、


B5サイズ用の穴開けパンチを使って、



ルーズリーフバインダーに閉じています。


このKOKUYOのルーズリーフバインダーは1000円近くもするので、ルーズリーフ初心者の方は百均で買ったほうがいいかもしれません。

ただ、百均のルーズリーフバインダーは、基本的に留め具のところがプラスチック製で壊れやすいんですよ。

コクヨのルーズリーフバインダーを使い始めて10年近く経ちましたが、高いだけあってきちんと作られているので、いまだに壊れていないんですよね。しかも中に、ポケットが付いているので、ちょっとした書類をパッと挟んだりできて便利。

これから永く使っていきたい方には、多少値ははりますが、コクヨ製はお薦めです。そこそこ大きい文房具屋さんであれば、だいたい置いてあるので、ぜひ実物をチェックしてみて下さい。



4. 精読のお手本画像


kyukyoku.jpg

精読のやり方が分かりやすくなるかなと思い、僕が実際に精読したものをスキャンして、お手本画像を作成してみました。

僕が900点を超えるのに最も役に立った模試の1つである『究極の模試』のTest 3のQuestions 165-168の問題文を使って作成しました。


下記の精読のお手本画像は、大部分マスクしてありますが、問題の答えやヒントになることが書き込んでありますので、『究極の模試』のTest 3をまだ解いていない方は、見本を見ないようにしていただいたほうがいいかもしれません。

また、このお手本画像の掲載については、前田先生の了承を得ております。


「精読してみようかな」と思われた方は、精読する際の参考資料として、この手本をプリンターなどで印刷して、手元に置いておくといいかもしれません。



5. 精読時にチェックすべき7つのこと


僕が普段、精読時にチェックしていることをまとめてみました。

「必ずこのすべてをチェックしましょう」というわけではないですが、英語学習においても「守破離」が大切な考え方です。

リーディングが苦手な方は、とりあえずこのチェック項目を「守」ることから始め、英文を読み慣れてきたら「破」って自分なりのやり方に変えていくといいと思います。


【実力向上系】

主に、英文を速く&正確に読むチカラを向上させるためのチェック項目です。

(1) 発音・アクセントのチェック

eigomimi01.jpg

いい加減な発音・アクセントで覚えてると、リスニングで聞き取れないですし、将来スピーキングをするときに矯正するのが苦労します。

ですので、リーディングであっても、不明な発音・アクセントがあればチェックしておくことをお薦めします。


また、『英語耳』の著者・松澤喜好さんによりますと、英文を読んでいるとき、黙読であっても、頭の中で英語の音が鳴っているそうなんですね。

自分の発音がネイティブに近づけば近づくほど、音読やシャドウイングの効果が高くなり、リスニング時の「音を聞き取るチカラ」が伸びるというわけです。


(2) 単語の意味だけでなく品詞・語法もチェック

TOEIC初心者は、「double」という単語を見かけたら、おそらく名詞と思われると思いますが、TOEICでは「~を2倍にする」という意味の他動詞、「(主語が)2倍になる」という意味の自動詞として出てきます。

動詞「double」という品詞と、他動詞として目的語を取るという語法を知っていると、「double」を見た瞬間に、「double」の後ろに名詞 or 名詞句がくる可能性があることを予見できます。

この、単語を見た瞬間に、予見できる品詞や語法が増えれば増えるほど、文構造を瞬時に見抜くチカラが強化されるため、結果、速読力が向上します。

しかも、品詞・語法が瞬時に見抜くチカラがつけば、Part 5・6の文法問題にも強くなります

ですので、単語の意味だけでなく、その単語がなりえる品詞と語法もチェックするようにしましょう。


(3) 文構造(主語・動詞)のチェック

主語・動詞・目的語・補語をチェックするようにして下さい。

特に、主語と動詞をつかめるスピードが速くなればなるほど、英文を読むスピードも速くなります


ですので、英文を読むのが苦手な方や返り読みしてしまう方は、主語と動詞を瞬時に見抜けるようになるまで、すべてのセンテンスの主語に「S」、動詞に「V」と書き込むようにし、英文を読む際は、その主語と動詞を意識して読むようにしてみて下さい。

英文を精読する際に、すべてのセンテンスの主語・動詞をチェックした上で、何度も通読するよにしていると、新しい文章を読むときにも、


瞬時に・自動的に主語と動詞を把握できるようになる
→ 文頭から瞬時に英文を理解できるようになる
→ その結果、英文を読むスピードが上がる


ということになります。

主語・動詞のチェックは、慣れてきたら、瞬時に主語・動詞を認識できなかったセンテンスにだけ、「S」「V」を付けるようにするといいです。

また、この主語・動詞のチェックするトレーニングも、Part 5・6の文法問題(特に、主述の一致問題)にも強くなります。


(4) チャンクごとにスラッシュを入れる

必須のテキストではないですが、「究極の学習法」と「新TOEICテスト900点突破20日間特訓プログラム」という英語学習指南書を読んで痛感したことは、

単語単体で覚えるよりも、チャンク(意味のカタマリ)で覚えていったほうが、一度に処理できる語数が増える → 速読力向上につながるということです。

句動詞・コロケーション・熟語・定型表現・慣用句などのチャンクごとに区切って、文頭からそのチャンク単位で瞬時に理解できるように、何度も読み込むことで、速読できるようになっていきます。


例えば、


The president issued a statement yesterday that...
大統領は昨日、...という声明を出した。


という英文で、「statement」の意味が分からなかった場合、「statement」だけを調べるのではなく、「その前の動詞との組み合わせで熟語・コロケーションになっていないか?」などを調べるようにして下さい。

この例では、「issue a statement」で、「声明を出す」という、TOEICではよく出るコロケーションの1つになります。

ここで、「issue(発行する・出す)」と「statement(声明)」をそれぞれ単体で覚えるだけでなく、「issue a statement」で1つのチャンクとして覚えたほうが、一度に処理できる量が増える → 速読力向上につながるというわけです。


The president / issued a statement / yesterday [that...
   S     V 声明を出す



また、このチャンク単位を意識して、ひたすら音読していると、Part 5・6の語彙問題(コロケーション問題)にも強くなります

例えば、Part 5では、


The president ------- a statement yesterday that...

(A) announced
(B) spoke
(C) issued
(D) talked


みたいな語彙問題がよく出てきますが、コロケーションを知ってると、「statementの動詞になれるのはissueだ!」と瞬時に解けるようになります。
※たま~にヒッカケもあったりするので、満点をめざす方は全文読み推奨。

ひたすら音読していると、空欄に当てはまるコロケーション(組み合わせ)を"口"が思い出してくれるようになります。

コロケーションのパターンが増えてくると、Part 5・6の語彙問題の多くは瞬殺できるようになります。こうなると、Part 5・6を解く行為は、もはやパズルゲームです。900点を超えてもTOEICを続けてしまう人がいるのは、こういうのも理由の1つです。


次に、スラッシュを入れる箇所について。


◆ スラッシュを入れる場所の一例 ◆

  • 主語が長い文(の主語の後、動詞の前)
  • and・but・orなどの接続詞の前
  • 分詞構文の前
  • 従属節の前
  • 副詞句・節の前


  • スラッシュを入れると、英文を読むときにチャンクのカタマリを認識しやすくなるので、とても読みやすくなります。

    僕が初心者の頃は、かなり細かくスラッシュを入れてました。しかし、リーディング力が上がってくるにつれて、スラッシュを入れる量は減ってきます。なので、最初のうちは迷ったらとりあえず入れておくといいと思います。


    (5) 名詞を修飾している句・節は[ ]でくくる

    すべてスラッシュ( / )にしてもいいのですが、僕の場合、前の名詞を修飾している前置詞句、形容詞句、関係代名詞節、不定詞の形容詞的用法などは、[ ]でくくるようにしています。

    それぞれ見ていきましょう。


    ◆ 前置詞句による修飾 ◆

         ↓ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    The restaurant [ across the street ] is always busy / on Fridays.
        S               V    C

    ◆ 形容詞句による修飾 ◆

          ↓ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    We have devices [ necessary for access to the Internet ] / at all times.
    S  V   O

    ◆ 関係詞節による修飾 ◆

      ↓ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    Workers [ who wants / to take paid holidays ] need / to fill in the form.
      S                       V

    ◆ 不定詞の形容詞的用法 ◆

              ↓ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    Workers have a right [ to take paid holidays ].
      S  V   O


    [ ]でくくるようにすると、[ ]内は前の名詞を補足説明しているだけ、というのが視覚的に分かりやすくなり、主節の主語と動詞が見えやすくなる=文構造が見えやすくなると思うのですがいかがでしょう?


    【解答力向上系】

    次は、Part 7の解答力を向上させ、効率的に英文を読めるようにするための精読チェック項目です。これらをやっておくことで、英文を注意して読むべきポイントが分かるようになり、かつ、問題を解くスピードが向上します。


    (6) 言い換え(パラフレーズ)のチェック

    Part 3・4・7では、例えば、問題文では「annual」と記載されているのに、選択肢では「every year」と言い換えられているといったケースが頻繁にあります。

    そして、テストという性質上、問題製作者であるETSが、Part 3・4・7の言い換えによく使う語彙・表現というものがありまして、その言い換えに気づけると、正解・不正解の選択肢が分かりやすくなり、速く解けるようになります。

    そして、


    言い換えのストックが増える
    →「不正解の選択肢を瞬時に見抜いて、正解を選べる」問題が増える
    → 速く解けるようになる


    ことにつながります。

    【参考】TOEIC 800~900点高速突破のカギになる「言い換え」とは?


    (7) 「キーワード」のチェック

    前述の「言い換え」とも被りますが、Part 3・4・7の問題の答えやヒントに頻繁に使われる「キーワード」というものがあります。


    TOEIC上級者は、例えば、会社の会議に関する話で、最初のほうで「last year」が出てきたら、「去年と今年で何かが違う」かもしれないと推測します。

    そうなると、「last yearはどうで、this yearはどうなるのか?」を注意して読むことができる=効率的にPart 7の英文を読むことができるようになるわけです。

    Part 7の問題を解いた後の答え合わせや精読時に、こういった「問題の答えやヒントになるキーワード」を常にチェックして、読むようにしていると、


    キーワードのストックが増えてくる
    → Part 7の問題文(本文)で注意して読むべきポイントが分かるようになる
    → 速く読める&解ける


    ようになります。

    「キーワード」は次の記事でまとめてあるので、ぜひ参考にしてみて下さい。リーディング400点前後で伸び悩んでいる方には、きっとプラスになると思います(・∀・)b

    【参考】TOEIC Part 3・4・7 攻略のコツ&重要キーワード400



    6. 精読後は必ず通読


    「音読・速読トレーニングの前に精読すべし!」とお伝えしましたが、その逆もまた然りで、精読はあくまで、英文を正確に理解するための"作業"なので、精読だけでは語彙や文法は定着しにくいです。

    例えば、今日テニスで新しいショットを習ったとしても、明日からすぐに打てるようにならないですよね?料理を初めたばかりの人が今日知ったメニューを、翌日からレシピ無しで作れないはずです。

    英語も同じです。今日学んだことは、翌日から毎日繰り返しトレーニングしていくことで、徐々にできるようになっていきます。精読後の【 通読トレーニング 】については、次の記事で詳しく書いてあるのでぜひ!

    【参考】TOEIC リーディング465点が獲れたPart 7勉強法「通読トレーニング」



    7.「精読」関連記事


    リーディング苦手な人は「精読」で道が開ける!効果・やり方・おすすめ教材
    TOEICだけでなく、リーディング自体が苦手な方のために書いた「精読」についての記事です。内容的にはこの記事と被るとところも多いです。

    英語版「となりのトトロ」の歌で楽しく発音練習(英文を解説した精読付き)
    英語版「となりのトトロ」の歌詞を精読してみました。具体的にどんな感じで精読をやればいいのかが分かると思います。
    同じカテゴリーの記事

    コメント

    No title
    凄くリキ(力)を入れてTOEIC学習者を支援しておられるのに驚きます。

    まだ色んなアイデアが浮かんでくる段階なのかもしれませんが、UIを頻繁に変えるのはできるだけ避けた方がよいとも思います。

    余計なお世話ですが、応援しております。
    柴犬さん
    貴重なご意見、ありがとうございます!

    UI、頻繁に変えるのよくないですよね(^_^ゞ
    仰る通りだと思います……

    ここ数日、いろんな英語学習法サイトを見ていて、

    「常連さんには使いやすく、
     初めてきた人には、どこに何があるのか分かりやすい
     デザイン・レイアウト」

    が大切だなと感じたんです。

    自分のブログは、初めて来た人には分かりづらいんじゃないかと感じ、
    居ても立ってもいられなくなって、結果、頻繁にいじってしまいました(^_^ゞ
    精読について リンク希望
    ツウクンさん、こんばんは。

    精読に関する記事、秀逸ですね。
    自分のブログでご紹介させて頂いても構いませんでしょうか。
    NGの場合は即刻ご忠告くださいませ。

    特に特製画像が他に類を見ないほど、素晴らしいです。

    そら
    そらさんへ
    そらさん、こんばんは!

    秀逸!?(゚Д゚)
    そう仰っていただけてとても嬉しいです!
    何時間もかけて作った甲斐があります。・゚・(ノ∀`)・゚・。

    ありがとうございます☆彡

    一人でも多くの英語学習者の方に、参考にしていただければと思っていますので、紹介大歓迎です(・∀・)/
    新TOEIC TEST 正攻法で攻める パート7 読解問題の使い方について
     現在の英語力は高校の時は英語は一応得意科目でしたが大学に入学してから長文を読むことがなくなってます。

     短期目標は最初のTOEICのテストでまずは、600点以上取ることです。

     将来的な目標としては院試につかったり、
    留学ができるようにするために、
    話せる900点ホルダーになり、TOEFLにも対応できるようになることです。


     自分が通っている大学でTOEICBridgeのテストがあるのでTOEICの勉強を自分でしようと思い、このサイトに行き着き参考にさせてもらっています。ありがとうございます。

     それで、ちょっとした疑問なのですが
    新TOEIC TEST 正攻法で攻める パート7 読解問題の使い方についても例題のところなどで問題文をコピーするべきでしょうか?

     このやり方は、公式集や究極の模試を始めた時からでいいということでしょうか?
    muttaさんへ:精読は模試・公式問題集からでOK!
    muttaさんへ

    参考にしていただいてありがとうございます!

    「正攻法で攻める パート7 読解問題」の英文は最近のTOEICに比べると、比較的英文が短めでやさしいものが多いです。

    また、muttaさんは「高校の時は英語は一応得意科目でした」ということなので、おそらく、やさしい英文であればけっこう読めるレベルにいらっしゃると思います。

    ですので、「正攻法で攻める パート7 読解問題」は、ザッと1~3周くらいやって、Part 7の英文の読み方、問題の解き方が何となく分かったらOKです。

    「精読→音読・速読」の復習・トレーニングは、お持ちの公式問題集・究極の模試でやっていくといいと思います(・∀・)b

    ぜひぜひ、話せる900点ホルダーをめざして頑張って下さい!
    ツウクンさんへ
    返信ありがとうございます!
    そのやり方でやってみようと思います。

    またわからないことがあったら質問しようと思うので
    これからも、よろしくお願いします!
    muttaさんへ:Good luck!
    muttaさんへ

    ハイ、また何かあったらご相談下さい!
    こちらこそ、よろしくお願い致します♪

    コメントの投稿

    非公開コメント

    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)


    PAGE TOP