英語・TOEICで新刊が出るとついつい買ってしまうあなたに味方する5つのアイデア

 
books.jpg


英語やTOEICで、新しい参考書や問題集が出ると、ついつい欲しくなりますよね。実際に購入してる人が「すごくいい!」とか言ってたりすると、ますます欲しくなる。

そこで脳内では、

悪魔:買っちゃえー買っちゃえー!
天使:この間も買ったでしょ?! もっと1冊をトコトンやり込まないと!

という争いが繰り広げられ、そして、たいていは悪魔が勝ってしまう(笑)。

今日はこの「新刊を買うべきか・買わざるべきか論争」について、一般によく言われる「次々と新刊を買わず、1冊をやり込め論」から少し違った視点で考えてみたいと思います。
 

1. 上級者も、たくさん本を買っていて、そしてたくさん失敗している件

英語講師や上級者の方々で「1冊をトコトンやり込め!」という方は多いです。ご多分に漏れず、僕も過去記事で言っています。

でもじゃあ、そういった方々はみんな、持っている本は少なくて、しかも一度も本選びに失敗したことがないのかと言えば、おそらくそんなことはないと思うんです。

むしろ、自分自身が多くの本を買って、失敗して、その後、1冊をやり込むことの大切さに気づいたからこそ、「1冊をやり込んだ方が身につく」という結論に至ったと思うのです。

つまり、たくさん買って、たくさん失敗し、そこから学んできたからこそ、今のレベルに到達できた、という可能性は大いにあるわけです。


僕が記憶してる中で、「私は今まで一度も失敗したことがない」と言ったのは、

エジソンと本田宗一郎
 くらいです(笑)。

※「失敗から学び、それを成功につなげることができれば、もはやそれは失敗ではない」という意味です。深いッス。


2. 本も恋愛も、ぶっちゃけ、付き合ってみないと分からない

Amazonのレビューを読み、ネット上のレビューを読み、当ブログを読み(笑)、さらに本屋で立ち読みまでして、「これは絶対いい!」とハイテンションになる。

そして、買って帰って、しばらくやってみて、

 「意外と解説が不親切だな…」

 「あうー自分には合ってないや(´・ω・`)」

 「今の自分のレベルには厳しすぎるぞ…orz」

と判明することはよくあります。

特に、自分が始めてトライするジャンルの本、始めて買うパートの本などは、失敗率が高いです。

購入前に徹底的に調べることで、失敗する確率はかなり減らすことはできます。それは大切なことです。ですが、失敗率をゼロにすることはできない。それはもう仕方ないと思うんです。だって人間だもの。

恋愛などで、「第一印象~友人関係の間はすごくいい人に思えたけど、いざ付き合ってみたら、一緒に住んでみたら、結婚してみたら、違った…orz」という話がよくありますが、本選びもまったく同じことが言えると思うんです。


3. どんな1冊でも、本からは何かを学べる

また別の角度からも見てみます。

僕の大好きなマンガ「ソムリエ」

ソムリエ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) - 堀 賢一
ソムリエ 1
監修:堀 賢一
メーカー:集英社
発売日:2012/06/29
価格:  中古:- より
(2013/02/15現在の価格)
Amazon.co.jpで詳細を見る

の主人公・佐竹城の名台詞の1つに、


どんな1本でも、ワインからは何かを学べる。高いワインには高いワインの、安いワインには安いワインの真実がある。


というのがありまして、これは英語・TOEIC本にも言えるなと思うんです。


良さそうな本を見つけた際に、各レビューを読んで、本屋に行って立ち読みしてみます。

そして、今自分が悩んでること、壁にぶつかっていることを解決してくれるような勉強法や名言などが1つでもあれば、問題集として解くつもりはなくても、買っていいんじゃないかと思っています。


だいたい4年くらい前に英語の勉強を始めて、今まで4000時間くらいやってきましたが、


たった1つの勉強法を、日々の勉強メニューに加えるだけでブレイクスルーできたり、

たった1つ、勉強のやり方を変えるだけで上達速度が加速したり、

たった一言の名言で、モチベーションが再燃して、勉強に励むことができるようになったり


したことが、僕は何度もあります。おそらく皆さんも経験あると思うんです。


ですので、そういう経験ができそうだと、第六感で感じる本は、買ってもいいのではないかと。

たった1つのアイデアであっても、自分を大きく成長させてくれるキッカケになるものであれば、1000~3000円くらい出す価値は、僕はあると思っています。僕はそういう本は手元に置いといて、たまに読み返します。

また、大切なことを教えてくれた著者や出版社に対して、感謝する意味も込めて、その本を買うときもあります。

ちなみに、僕は問題を解くつもりはなくても、コラムにすごく良いことが書いてあるだけで買ったりもします。自分をブレイクスルーさせてくれる勉強法や名言は、時として、大量に問題を解くこと以上の価値をもたらしてくれる場合があります。


4. Learn from your mistakes

だからと言って、買った本が自分にフィットしなかった際に、その理由を深く分析せずに次の問題集を買う、というのはやはり良くないです。

「何がいけなかったのか?」をしっかり分析した上で、次の本を選ぶときの糧(かて)にしましょう。そうすれば、自分の好みの本、自分にとって正解の本を選べる確率は徐々に上がっていきます。

TOEIC初心者の方は、次の記事が参考になるかもしれません。

失敗しない!TOEICの参考書・問題集を選ぶときの5つの注意点


買った本が失敗だったとしても、その失敗から学ぶことができる、という意味でも、「どんな1冊でも、本からは何か学べる」になると思うのです。

どんな失敗からも学ぶことができたら、あんた、エジソンになれるで!ヾ(゚Д゚ )


5. あまりやり込んでいない、でも学べることがあった本一覧

お次は、自分が買ってはみたものの、あまりやり込まず(or 問題は全然解かず)、でもコラムや解説や勉強法などがとてもプラスになったと思える本などをご紹介していきたいと思います。

「こういう基準で本を買うのもアリやな」と思っていただければ嬉しいです(・∀・)b


TOEIC TEST 成功をつかむ条件 - キム・デギュン
TOEIC TEST 成功をつかむ条件
著:キム・デギュン
出版社:スリーエーネットワーク
発売日:2012/01/20
価格:¥1,680  中古:¥600 より
(2013/02/15現在の価格)
Amazon.co.jpで詳細を見る

この本は、問題を解いたり、紹介されてる語彙・表現を覚えたりは、「やろうやろう」と思いながら、結局できませんでした。編集者のHUMMERさん、ゴメンナサイ(*_ _)人

ですが、この本の著者である、韓国では有名なTOEIC講師・キム・デギュン先生の英語学習に対する真摯な姿勢は、同じ英語学習者として、大いに学ぶべきことがありました。英語だけでなく、人としても学ばせていただきました。

また、生徒からの質問・悩みに対する優しくて親切な回答や、各パートの勉強法や勉強の進め方についても、多くのケースが記載されているので、「なるほど!」と思うものがたくさんありました。

僕にとっては、2012年に発売されたTOEIC本ベスト3に入ります。

また、随所にある先生の名言は、発破をかけられるものが多く、僕はEvernoteの名言リストに入れてあり、迷うことがあった際は、読み返して、モチベーションを上げてます。

英語の勉強法指南書系、参考書、テクニック系の本は、こういう勉強のやり方、考え方、問題の解き方だけでなく、モチベーション向上においてもプラスになるものがあったりするので、そういうのが好きな方は、そういう理由だけで買うという選択肢もアリだと思います。



新TOEIC TEST正解特急 ルール55 - 森田鉄也 , 他
新TOEIC TEST正解特急 ルール55
著:森田鉄也 , 他
出版社:朝日新聞出版
発売日:2011/05/06
価格:¥735  中古:¥600 より
(2013/02/15現在の価格)
Amazon.co.jpで詳細を見る

TOEIC満点ホルダーのあ~るさんのコラムが読みたくて買いました。

あ~るさんから教えていただいた「言い換え」の大切さがよく分かり、自分が伸び悩んでいた状況をブレイクスルーする大きなキッカケになりました。
※「言い換え」のパターンの記載があるわけではないです。

また、当時はすでに800点前後にいたため、どちらかと言うと初心者向けに入る、この正解特急の問題を解くことはしなかったのですが、問題の解き方のノウハウの部分もけっこう読みました。自分が取りこぼしていたTOEICの解き方のテクニックが拾えたり、補強できたりしたので、結果的にとてもプラスになっています。



新TOEICテストBEYOND990超上級問題+プロの極意 - Ross Tulloch
新TOEICテスト
BEYOND990超上級問題+プロの極意

原著:Ross Tulloch
出版社:アルク
発売日:2010/07
価格:¥2,310  中古:¥1,758 より
(2013/02/15現在の価格)
Amazon.co.jpで詳細を見る

この本は、ヒロ前田先生のセミナーを受けるときに購入しました。Part 1・2はそこそこやったのですが、結局、模試・公式問題集をひたすらやり続けることで、900点を超えることができたので、この問題集をメインに勉強することはありませんでした。

しかし、この本でもっともプラスになったのは、音読・シャドウイング・暗唱の重要性を再確認できたこと、そのトレーニングのやり方について学べたこと、満点を達成された学習者の方々のコラムです。満点をめざすつもりはなくても、発破かけられます。

また、各パートにおける上級者が落としやすい問題の解説や戦略もすごく勉強になりました。



新TOEIC TEST 読解特急2 スピード強化編 - 神崎正哉 , 他
新TOEIC TEST
読解特急2 スピード強化編

著:神崎正哉 , 他
出版社:朝日新聞出版
発売日:2010/09/17
価格:¥798  中古:¥399 より
(2013/02/15現在の価格)
Amazon.co.jpで詳細を見る

手軽にできるPart 7対策になるかなと思ったので購入したのですが、結局やらずじまいでした。

僕が信頼している、TOEIC満点講師の神崎正哉先生とTEX加藤先生の著書なので、問題文や問題の質は間違いないです。忙しいビジネスパーソンのために、スキマ時間で学習できる本、というコンセプトもすごくいいと思います。

ただ、僕のPart 7の勉強法は、問題を解いた後に、問題文・設問・選択肢を印刷し、精読した上で、音読・速読するというトレーニングが気に入っているんです。

ところがこの読解特急は、新書サイズで、問題文・設問・選択肢が数ページに渡っているので、問題文をキレイに拡大コピーするのが難しいんですね(~∀~;)←見栄えにすごくこだわる人

で、Part 7のメイントレーニング(精読・音読・速読)は結局、イクフン厳選ドリルPart 7・究極の模試・超リアル模試を勉強することになりました。

イ・イクフン語学院公式厳選ドリル〈VOL.1〉TOEIC TESTリーディングPart7 - イイクフン語学院
厳選ドリル〈VOL.1〉TOEIC TESTリーディングPart7
著:イイクフン語学院
出版社:スリーエーネットワーク
発売日:2011/12
価格:¥840  中古:¥986 より
(2013/02/15現在の価格)
Amazon.co.jpで詳細を見る

また、「スキマ時間に読解特急2を解く」とかも考えたのですが、結局、スキマ時間は、あ~るさんのメルマガや自分が集めたPart 3・4・7のキーワード集を何度も読み返したり、Part 3・4の設問・選択肢を瞬間英作文(和文英訳)・速読するトレーニングを優先したので、結局、読解特急2はやらずじまいでした(^_^ゞ

買ってある程度やってみて始めて、自分に合うかどうか分かる場合もあるというケースの一例です。

瞬間英作文については、TOEICにも効果抜群!瞬間英作文 の記事を参考にしてみて下さい。


ちなみに、あ~るさんのメルマガは、無料版はバックナンバーが読めるのでぜひ!あ~るさんのメルマガと、僕が勉強する中で地道にまとめてきた「キーワード集」も、Part 3・4・7の問題の解き方のコツがつかめるようになると思います。

TOEIC本番ですぐに反応できて正解率up!言い換えフレーズコレクション

TOEIC Part 3・4・7の問題の答えやヒントに頻繁に使われる超重要キーワード集




解きまくれ!リスニングドリル―TOEIC TEST Part3&4 (イ・イクフンのStep by Step講座) - イ イクフン
解きまくれ!リスニングドリル
TOEIC TEST Part3&4

著:イ イクフン
出版社:スリーエーネットワーク
発売日:2010/02
価格:¥2,100  中古:¥1,549 より
(2013/02/15現在の価格)
Amazon.co.jpで詳細を見る

この問題集は、本番の試験と比べて、音声が少し速めで、問題と問題のインターバルが短い、「高地トレーニング型」の本です。問題文とその音声を、音読・オーバーラッピング・シャドウイングでそれなりにやり込みました。そのお陰で、リスニングパートの実力も点数もかなり向上しました。

ただ、完成度5割~8割り程度で止めることになりました。

本試験に比べると、かなり訛りがひどくて、どうしてもオーバーラッピングする気になれないナレーターが一人いたのと、「微妙にTOEICっぽくない話の流れや語彙があったりする」ということが徐々に分かってきたのと、

「超リアル模試」や「究極の模試」のような良質な模試が出始めたので、Part 3・4の音読系・実力向上トレーニングは、それらの模試でやることに切り替えました。

ですので、この「解きまくれ!…Part 3・4」は、200時間くらいやったことで、リスニング力はかなり向上したものの、完成度としては、中途半端な状態で止めたことになります。

このように、現在メイントレーニングとして使っている参考書や問題集を明らかに超える(自分的に)、質の高い本に出会った場合は、切り替えるという選択肢もアリ、かなと。



1駅1題  新TOEIC TEST文法特急 - 花田 徹也
1駅1題 新TOEIC TEST文法特急
著:花田 徹也
出版社:朝日新聞出版
発売日:2009/10/07
価格:¥798  中古:¥300 より
(2013/02/15現在の価格)
Amazon.co.jpで詳細を見る

誤解のないように最初に申し上げておきますが、文法特急シリーズ・単語特急シリーズはかなりやり込みました。4冊で160時間以上はやってると思います。

ただ、問題を解いて音読するトレーニングはしましたが、予定していた瞬間英作文(和文英訳)などのトレーニングは結局せず、Web上で無料ダウンロードできる問題文の音声を使ってのオーバーラッピングやシャドウイングなどのトレーニングはやらなかった、というケースです。

というのも、900点ホルダーの方で、「文法特急1・単語特急1をほぼ完璧に瞬間英作文・シャドウイングできるようにしたお陰で、リーディングセクションが400点前後だったのが、コンスタントに450点取れるようになった」という方がおられました。

当時700点台だった僕は、「いずれそのトレーニングをやろう」と思っていましたが、結局やらなかったことになります。

僕が瞬間英作文をやり込んだのは、「超リアル模試」と「究極の模試」のPart 1・2とPart 3・4です。結果的に、900点を超えることができました。


このように、どの参考書・問題集をメインに使って、どういうトレーニングをしていくは自分のお好みで、という例です。

ネット上では特に評判になっていないマイナーな参考書・問題集であっても、自分がすごく気に入ったのであれば、音読・オーバーラッピング・シャドウイング・リピーティング・瞬間英作文・暗唱など、多様なやり方でトレーニングしていけばいいんです。


いいーんです!(`・ω・´)キリッ (川平慈英風に)


たった1冊の問題集であっても、ただ解いて終わるのと、解いた後に多様なトレーニングで何百周もするのとでは、得られるものや上達速度が劇的に違ってきます。

TOEIC満点講師のヒロ前田先生や、100冊以上の英語・TOEIC本をトライされたHUMMERさんや、文法特急を500周されたTommyさんが、「1冊をひたすらやり込め」とおっしゃられるのは、そういう意味だと僕は解釈しています。

ですので、超お気に入りの本を見つけたら、いろんなトレーニングをしてみる、というのはオススメです。
 


同じカテゴリーの記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)


PAGE TOP