オンライン英会話を3年続けたので習慣化のコツをまとめてみた

380-online-shukanka-03.png

対象:オンライン英会話学習者/飽きっぽい人・続けるのが苦手な人 
読了:約9分(5429字) 
公開:2016-07/09 
更新:2016-07/16「朝にやる」

2013年の春に【 オンライン英会話 】を初めてから、3年が経ちました。レッスン数(25分)は、2016年7月現在で1240回になりました。

英語を5000時間勉強したので継続のコツをまとめてみた」でもお伝えしていますが、僕はとにかく「何かを続ける」というのが苦手な子でした。

「オンライン英会話が続かない」という方がおられたのですが、僕の場合、モチベーションが下がった時期は何度かありましたが、今まで何とか続けることができたので、その秘訣(?)を皆さんに共有しておきたいと思います(・∀・)b
 

オンライン英会話の習慣化 7つのコツ

(1) 価値観が合う先生を見つける

teacher-operator-01.jpg
photo credit: HA1-000958 via photopin (license)

学生時代から、部活もバイトも転々としてきました。あ、でも恋愛はわりと一途ですよ。え、誰も聞いてないって?

そんな飽きっぽい僕が、英会話を3年も続けてこられた一番の理由は、価値観の合う先生に出会えたお陰です。

ずっと英語を勉強していると、落ち込むこともありますし、辛い時期もあります。それでも、情熱的でモチベーションの高い先生と話すのが楽しかったお陰で何とか辞めずに続けてくることができました。

英語を流暢に話せるようになるためには、毎日英語を話す必要があると感じていますが、あまりにも価値観の合わない人と頻繁に話さないといけないのって、日本語であってもしんどいですよね(´д`)←前職の上司を思い出す


そんなわけで、「この先生と話していると楽しい!」「元気がもらえる!」など、自分と価値観(=話の合う)先生を数名見つけるようにして下さい。それが英会話習慣化の一番の秘訣だと思います。

【参考】オンライン英会話 初心者のための先生の選び方 8つのコツ


(2) 毎日やる

2008年頃から約7500時間英語を勉強し、継続に関する心理学の本や脳科学の本も読んできたわけですが、やはり「毎日やる」というのが、もっとも効果的な継続のコツの1つだと痛感しています。

人間というものは、とにかく言い訳してサボりたい生き物なんですよね。イチローですらサボりたいときがあるらしいですから。

でも「毎日欠かさずやる」と決めてしばらく実行していると、サボってしまった日がとても気持ち悪く感じるようになります。この気持ち悪さを感じるくらい、英会話を日常化してしまうことが大切だなと。

今の僕はもう英語を話すのが当たり前になってきたのと、英検とTOEICも並行して勉強しているので、英会話のレッスン自体は週5に減らしていますが、2014年頃は可能な限り毎日やることにこだわっていました。


ただ、仕事や子育てをしていて時間のない方は無理されないほうがいいと思います。「英語ばっかりやって…」とパートナーにガミガミ言われている方もおられるみたいですし(笑)

ですが、時間に余裕があるのに「ついついサボってしまう」という方は、ちょっと気合いを入れて、今日から3ヶ月~半年くらい、毎日英会話を続けてみて下さい。3ヶ月後~半年後、何かしら上達しているはずです。

【参考】勉強時間を測るだけで英語を続けられる?!レコーディングスタディ


(3) 朝にやる

一時期、夜に英会話をやっていたこともあるのですが、夜にやると、頭が動いていないのでよく聞き取れず、うまく話せないと感じたんです。また、「今夜はもういいかな」とサボる気持ちが出てきたり。

そんなわけで、今は朝に英会話をやるようにしています。朝に日課をやってしまうと夜はラクになります。

英会話に限らずですが、今一番伸ばしたいスキルを向上させるためのトレーニングは、朝にやるようにしたほうがいいです。

もしTOEICのスコアを優先するのなら、TOEICの勉強を朝に持ってきたほうがいいかなと。

【参考】英語を5000時間勉強したので継続のコツをまとめてみた


(4) レッスン数(時間)を数える

英語が続かない原因の1つは「自分の成長を感じにくいこと」だと考えています。

「これだけ続けているのに、いっこうに聞き取れるようにならない or 話せるようにならない」と何度投げ出してきたことか(笑)


ですが、レッスンした回数をカウントし始めると、20回、50回、100回にたどり着くごとに、達成感を感じることができるんですよね。

英語力が伸び悩む時期(プラトー)であっても、継続できた自分を認めて上げることができれば、自己肯定感を高めることができます。こういった小さな自信を積み重ねていくことも、習慣化するための秘訣だと感じています。

1240回のレッスンを受けてきた結果、今でも「しょーもない文法ミスがまだまだあるなぁ…」「アカン、このトピックでは全然話せへん…orz」とヘコむことは多々あるものの、レッスン数500回の頃と比べたら、文法の正確さ、使える語彙・文法・構文の数、流暢さは確実に向上しているなと。継続は力なり。

上述したように、僕は「何かを続ける」というのがものすごく苦手な人だったのですが、何でも数値化するようにしてから継続できることが増えてきました。レッスン数だけでなく、勉強時間もそうです。

【参考】英語を5000時間勉強したので継続のコツをまとめてみた

数値化すると、自分の成長を客観的に測れるようになり、それが自信につながるなーと感じています。

レッスン数は、僕はエクセルでカウントしていますが、オンライン英会話スクールの「DMM英会話」「レアジョブ英会話」だと、今まで何分話したかが分かります。レアジョブだとレッスン数も表示されますね。


(5) レッスン以外にもトレーニングをする

182-english-conversation-01.jpg

英会話をやっていて一番嬉しい瞬間って、

「以前よりも話せるようになってきた」
「聞き取れるようになってきた」
「表現できることが増えてきた」
「少しスムーズに話せるようになってきた」

といった成長を感じられたときだと思うんです。

その成長を実感するためには、やはり投資時間が物を言います。

僕はスピーキングは主に【 瞬間英作文 】で、リスニングはTOEICや英検のリスニングパートでトレーニングしていますが、トレーニングをサボっていた時期は、やはりスピーキングもリスニングも落ちていました

すごく後悔したので、今は可能な限り、毎日【 瞬間英作文トレーニング 】や英語を聴く時間を作るようにしています。


英語圏に住んでいて一日中英語を話せる環境があったり、毎日数時間もオンライン英会話ができる時間とお金に余裕があれば、トレーニングしなくても、英会話だけで早いスピードで成長していけるかもしれません。

でもそういう環境や余裕がある人は少数派かなと。というわけで、英会話のレッスン以外にも、トレーニングをやったほうが圧倒的に成長しやすくなりますよ

【参考】オンライン英会話 上達しない人によくある4パターンと改善策


僕が「1日2~3時間勉強しましょう」とこのブログで口酸っぱくお伝えしているのは、1日2~3時間も勉強すると、成長を感じやすいからで、成長を感じることができれば、どんなスーパー三日坊主でも続けられます。そして継続はまた力になる。こういった好循環が生まれます。


例えば、リスニングとスピーキングの勉強だけでも、僕は1時間半かかります。


新しい音声を精聴する時間:30分
精聴したものを聞く&オーバーラッピングする時間:30分
瞬間英作文する時間:30分


これに、英会話の時間30分を入れると、リスニングとスピーキングを伸ばすだけでも2時間あったほうがいいなと。

僕の場合、さらにリーディングで英文を【 精読 】に30分、その精読した英文を【 通読 】して定着させる時間に30分が必要になります。

しかも、リスニングとリーディングはTOEICと英検でそれぞれあるので、毎日大変です(笑) でも実際はそれを楽しんでいるところもありますし、英語上級者さんたちを見ていると、「早く上達したいのなら、これくらいはやらないといけない」という意識もあります。

最近、超上級者と上級者の差が少しずつ見えるようになってきましたが、やはり超上級者の方々は、英語を使う環境に身を置いて、毎日大量に英語を読んで・聞いて・使っているなと。


(6) 他のスクールのレッスンを受けてみる

callanmethod.jpeg
Image from Callan Method Organisation

例えば、ある程度英会話に慣れてきて、マンネリ化を感じている方は、【 カランメソッド 】を試してみてもいいと思います。

けっこうスパルタなトレーニングなので合う合わないはあると思いますし、僕はステージ途中で飽きてドロップアウトしましたが(笑)、カランメソッドを1年続けたお陰で「英語の質問に即座に答える訓練」ができたのはよかったと感じています。無料体験レッスンだけでもやってみていいと思います。


また、多くのオンライン英会話はフィリピン人が多いので、「DMM英会話」で東ヨーロッパの人たちと話してみるという選択肢もあります。フィリピン人とは違った空気を持っています。
※DMM英会話は、フィリピン以外だと東ヨーロッパの人が多いです。


あと、ある程度話せるようになってきたら、SNS「Lang-8」のコミュニティ「SKYPE ME」で、世界中の人と英語で話してみるという方法もあります。当然無料です。

僕はLang-8で出会ったノルウェー人と話したことがありますが、「アカン、もっとスピーキングとリスニングを伸ばしてからでないと盛り上がらない」と思って保留にしました(笑) いずれ再チャレンジしようと企んでいます。

当然ながら、Lang-8で出会う相手は先生ではないので、会話の進め方がうまいわけではないですし、変な人に当たってしまう可能性もゼロではないので、女性には積極的にはオススメしないです(^_^ゞ
※どんなに仲良くなっても住所や電話番号は教えないほうがいいかなと。
 

(7) 英語を学ぶ理由や目標を考える時間を持つ

where-want-plane-400x300-01.png

(1) 自分はなぜ英語を話せるようになりたいと思ったのか?
(2) 自分はどういった英語を話せるようになりたいのか?
(3) もし今、英語ペラペラだったとしたら、何をしたいか?


これらの self questions を、半年~1年に1回くらい振り返る習慣をぜひ作ってみて下さい。

特に、TOEICでハイスコアを取るために勉強していたり、毎日仕事や勉強で忙しくしていると、英語を始めた理由を忘れていることってけっこう多いと思うんです。数学の問題で、途中の計算式を解いていて、「あれ、この問題って、最終的に何を求めるんだったっけ?」みたいな。

そこでぜひ、上記の3つの質問に対する自分の答えを、できる範囲で構わないので具体的に紙に書き出して見て下さい。

ちなみに、読者さんと話している感じでは、英会話をやる「目的」よりも、英会話を始めた「理由」のほうが、自分がめざすべき方向が出てきてやすいかもしれないなと。

英語学習者に贈る!目標を見つけるための5つの質問」の記事も参考にしてみ下さい。


おぼろげながらでも方向性が見えてきたら、次の質問を自問してみましょう(・∀・)/


それを実現する(それに到達する)ためには、

(4) どういった英語力(スピーキング力・リスニング力)が必要になりそうか?
(5) どういったトレーニングをやると効果的か?
(6) どういったマテリアル(テキスト・教材・素材)を使うといいか?


例えば、「将来は海外の企業で、エンジニアとして働きたい人」と「日本にやってくる外国人旅行者に、英語で京都を案内できるようになりたい人」とでは、必要とされる英語力は、かなり異なるはずですよね。

つまり、英会話をやる理由・目標が明確になればなるほど、今やるべきことも明確になってくるわけです。

そうなると、モチベーションが高まる → レッスンやトレーニングの時間が増える → 会話力が高まる → 嬉しくなってまたレッスンやトレーニングに励む。こんな感じでやっていたら、英会話も英語の勉強も、自然と習慣化してきたんですよね。


ちなみに、「目標」は今すぐ見つからなくてもOKです。僕自身もようやく少しずつ見えてきつつあるかなぁ、という感じです。

目標設定に関する本はけっこう読んできましたが、僕が今たどり着いている結論としては、「目標を見つけることが大切」というよりも、「英語を話せるようになりたい理由や目標を考える時間を定期的に持つこと、それ自体が大切」だと感じています。自分を大切にする時間と言い換えてもいいと思います。

スティーブ・ジョブズも次のように述べています。


Your time is limited, so don't waste it living someone else's life.
皆さんの時間は有限です。誰かの人生を生きることで、無駄にしてはいけません。

…(中略)…

Don't let the noise of others' opinions drowned out your own inner voice.
他人の考えというノイズで、あなたの内なる声がかき消されないようにしてください。

And most important, have the courage to follow your heart and intuition.
そしてもっとも重要なことは、自分の心や直感に従う勇気を持つことです。

They somehow already know what you truly want to become.
それらはどういうわけか、あなたが本当になりたい姿をすでに知っているのです

Everything else is secondary.
それ以外のすべてのことは二の次なのです。

【出典】スティーブ ・ジョブズ・スタンフォード大・卒業式スピーチ・2005年(YouTube)


この記事は以上になります。皆さんの英会話習慣化の一助となれば幸いです(=゚ω゚)ノ


◆ 「オンライン英会話」おすすめ記事 ◆
「オンライン英会話とは?」
効果と注意点まとめ / メリットとデメリット
いい先生の選び方 / 勉強の軌跡

「オンライン英会話の準備をしたい!」
「始めてみたけど、どうしたらいいか分からん!」
初心者 5つの準備 / 便利フレーズ200
「自分を英語で説明できる」ようにする
使い方&予習・復習のやり方 / 習慣化のコツ

「スピーキング力を上げたい!」
瞬間英作文 - 効果的なやり方 / 暗唱
● 発音向上:発音練習 - 7つの発音ルール

「リスニング力を上げたい!」
ディクテーション
オーバーラッピング&シャドウイング
リスニングが上達しない4パターン

「最近伸び悩んでる…」「もっと上達したい!」 
英会話が上達しない5パターン / カランメソッド

 
同じカテゴリーの記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)


PAGE TOP