TOEIC 第202回(7月26日)結果・感想・難易度をまとめてみた(メジャー)

2015-0726-870.jpg

対象:TOEIC受験者(メジャー)
読了:約5分(3211字) 
公開:2015-07/26 
更新:2015-08/22 公式認定証が返ってきたので、それを踏まえて全体的に加筆・修正 

2015年7月に受けたTOEIC(メジャー)の公式認定証が返ってきたので、結果・感想、最近の勉強、今後の対策などをまとめ直しました(・∀・)/
 

1. リスニングパート:410点


2015-0726-amL.jpg
公式認定証(アビメ)の見方 ①リスニング編

Part 1:易しめ

今回は比較的易しかったです。Part 1によく出る鉄板パターンが多かったなと。

公式問題集や信頼できる模試』の音声と英文を使って、【 オーバーラッピング 】(CD・MP3音声に合わせて音読)と【 瞬間英作文 】できちんとトレーニングすれば、パターンがストックされて、瞬時に正解が選べるようになります。

【参考】TOEIC スコアもリスニング力も向上する勉強法 Part 1・2編


Part 2:易しめ

ここ最近のPart 2の難易度からすると、今回は少し易しかった気がしています。

ただ、設問や選択肢の英文が長い問題や、内容をしっかり理解しないと解けない問題など、「瞬時に正確に聞き取れるリスニング力がないと解けない問題」の割合がそこそこあるのがフツーになってきてる感があります。

今年の1月から、『公式問題集Vol.5・6』『究極のゼミ Part 2&1』の音声と英文を使った【 シャドウイング 】と【 瞬間英作文 】のお陰で、消去法に頼らず、内容を理解した上で正解を選べる問題がけっこう増えてきました。

とは言え、全問ほぼ完璧に聞き取れるレベルをめざそうと思うと、瞬時に理解できない語彙・表現はゴロゴロあるので、少なくともあと10模試分くらい(トータルで20~30模試分)でトレーニングする必要はありそうです。


Part 2の途中で、ちょっと訛ったイギリス人女性が一度出てきた気がします。その女性だけ、声色や録音環境が少し違ったような(僕、歌やギターを宅録していたことがあるので、録音環境が変わると何となく分かっちゃう)。でもそれ以降は目立たなかったので、その問題だけ?


Part 3:普通

最初の2題(Questions 41 - 46)がなぜか聞き取れず全滅(ノдT) アビメのL2が異様に低いのはこれが原因です。

オーストラリア人は相変わらず手強いですね。あと、イギリス人かアメリカ人か印象に残っていないのですが、最近常連になっているもう一人の男性もけっこう早口だなと。

Part 3の前半でも速い。Part 2はそうでもないのですが、Part 3・4がなんか速い印象。昔はもっとゆっくりだった気がする。


あと、Part 3かPart 4か忘れてしまったのですが、3つめの設問の解答の根拠が会話の前半にあった問題があった気がします。

Part 3・4では、基本的には設問の順番通りに解答のヒントが出ますが、「2つ目の設問の解答の根拠が1文目にある」「2つ目と3つ目の設問の解答の根拠が同じ文にある」という問題が出ることがあります。

先読みしたときに、内容をイメージ化できていたお陰で、正解の選択肢は選べたと思うのですが、先読み力とリスニング力(特にリテンション力)がなかったらヤバかったかもしれません。

ただ、中級者と上級者を振り分ける問題なので、リスニング400点未満の方は今はまだ気にしなくてOKです。まずはリスニング力を上げることに注力して下さい=【 暗唱 】して下さい。


Part 4:普通

個人的にはPart 3よりは解きやすかったです。多くの問題で、確実に正解の根拠となる箇所を聞き取って選択できた気がします。

Part 3・4は【 先読み 】時に、会話とトークの内容をしっかりイメージして、聞き取るべき箇所を聞き取り、引っ掛けを見抜いて正解を選べるパターン増えれば増えるほど、正答率が上がるなと。パターンパターン!( ゚∀゚)o彡°


この1週間、毎日1模試解くようにしていたんで、Part 3・4の先読みや問題を解く感覚は取り戻しつつありますが、肝心のリスニング力がまだまだ足りないですね。このままトレーニングを続けていこうと思います。

【参考】TOEIC スコアもリスニング力も向上する勉強法 Part 3・4編



2. リーディングパート:460点


2015-0726-amR.jpg
公式認定証(アビメ)の見方 ②リーディング編

Part 5:易しめ

3月~7月まで受けてきた中では一番易しかった気がします。空欄前後を見ただけで解けるやさしい問題が多かった印象。

ですが、後半から全文きちんと読まないと解けない問題が多くなった印象。ムダに時間をかけ過ぎました(;´∀`)

ただ、その甲斐もあってか、3月5月に引き続いて、7月もアビメのR5(文法が理解できる)は100%が獲れました\(・ω・)/

Part 5は12分くらいで解け、13時58分頃に終了。悩まなければもう少し早く駆け抜けられたはず。


Part 5・6の勉強は、この半年間あまりやってこなかったのですが、

  • 過去にPart 5・6だけで1000問解いた遺産
  • 1万5千文以上の瞬間英作文
  • Part 7の通読トレーニング

  • のお陰で、維持できているんだと思います。

    Part 5・6で1000問以上解き、リスニングパートの英文と和訳を使って【 瞬間英作文 】で毎日トレーニングし、Part 7の英文を毎日30分音読していると、文法の処理速度が光速化してくるので、語彙問題はもちろん、文法問題も直感で解けるようになってくるなと。

    また、8月から中村澄子先生の『千本ノックの最新版』、そして神崎正哉先生の『パート5特急』もやり始めました。お陰で徐々にPart 5・6を瞬殺するスキルが戻ってきつつあります。


    Part 6:難しめ

    いつもより難しく感じました。ナンデダロウ。Part 6が終わった時点で、14時06分くらいでした。

    自分的には悩む問題が多かったですが、他の方の感想を読んでると、そうでもないみたいなので僕だけっぽいです(笑)

    単純にPart 5・6も、ここ数ヶ月解いていないので、感が鈍ってるのは間違いないですね。そんなわけでPart 5・6のトレーニングも再開した次第です。


    Part 7 DP:難しめ

    僕はDP(ダブルパッセージ:2文書問題)から解くので、こちらを先に載せておきます。

    DPはここ数回と比べると英文が長いものが多いと感じました。きちんと解いていったので、13時33分までかかりました。

    他のメジャーフォームを受けられたTOEICkerの方々も皆さん同じ感想をお持ちでした。

    ただ、7月から、比較的長い目の英文が多く、難易度が高めの英文・問題で構成されている『イクフン厳選ドリル Part 7』を毎日解いて、【 精読 】+【 通読 】し始めたので、以前ほど圧倒されなくなってきました。


    Part 7 SP:普通

    正解の根拠になりそうな場所を頭に残しながら丁寧に解いたら、SPの最後の問題で2問塗り絵に。

    ここ数週間前から、Part 7は『究極のゼミ Part 7/イクフン厳選ドリル』を、毎日1題解くようにしてきたので、タイムマネジメントの感覚を取り戻しつつあります。

    また、徐々に【 言い換え 】や【 キーワード 】のパターンも思い出してきました。

    問題文を読んでる最中に「この箇所は設問で問われそうだな」と出題者の意図に気づける割合や、不正解選択肢を見抜くスキルも戻ってきつつあります。

    このままトレーニングを続けていったら、常に時間内に解き終わり、正答率9割以上獲れるレベルには到達できると考えています。

    【参考】TOEIC リーディングで時間が足りない!対策と勉強法 Part 7編



    3. 他のTOEICkerさんたちの感想

    メジャーフォーム

    be setさん:202回TOEICテスト感想(4LIC20)ピンクメジャー
    porporさん:第202回 #TOEIC 公開テスト感想(速報)
    Jet Bullさん:第202回TOEIC公開テスト 感想
    TEX加藤先生:第202回TOEIC感想


    マイナーフォーム

    ふーじーさん:第202回TOEIC(2015年7月26日)ふりかえり&今後の学習方針
    相澤先生:第202回TOEIC公開テスト 難易度と感想
    加藤先生:エッセンス イングリッシュ スクール
     
    同じカテゴリーの記事

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)


    PAGE TOP