オンライン英会話フリートーク飽きた→Q&Aディスカッションがあるぞ

00-online-skype-lesson-top-01.png

対象:フリートークの自己紹介地獄に疲れた/絶賛マンネリ中/オンライン英会話自体は楽しいけどやりたい教材がない
推奨:中学文法(瞬間英作文)である程度話せる/自分の仕事や趣味についてはある程度英語で言える
読了:約12分(7281字) 
公開:2021-02/04
関連:Q&Aディスカッション - DMMデイリーニュース - スピーキング - 5分間ディスカッション

 

Q&Aディスカッションとは何か?

うわっ…私のスピーキング時間、短すぎ…

woman-touch-mouth-hands-business suit

2013年にオンライン英会話を始めて、EnglishTalkDMM英会話ネイティブキャンプなどいくつかのスクールでレッスンを受けてきましたが、個人的にオンライン英会話スクールによくある「先生がメインで話すor説明する系の教材」ってあんまり興味湧かないんですよ。

先生がメインで話す→先生の話す時間が増える→こちらの話す時間が減るんですよね。

英会話初心者の方であれば、リスニングのトレーニングになるので構わないですが、TOEIC 900点英検準1級を持っている中級者の方にとっては、スピーキングを伸ばすためにレッスンを受けているのにこちらの話す時間が短いって……と思ってしまいます。


北米の大学生は1日に約1万6千語話すという調査がありまして、1分間に約200語話すネイティブがいたとしたら、1日80分くらい話している可能性があると推測できます。

レッスンの25分中、もしこちらの話す時間の合計が5分だとしたら、16回受けてようやくネイティブと同じくらい話している計算になります。


2017年頃に自分が話している時間があまりにも短いことに気づき、どげんかせんといかんなと思ったんです。


質問⇔回答がメインのディスカッション

2018年01月に、レッスン受け放題に惹かれてネイティブキャンプを始めました。

しばらくして、「フリートークはもう自己紹介地獄で、ちょっと疲れてきたんだ」と、とあるフィリピン人講師に話したら、「5分間ディスカッションがお勧めよ」とアドバイスしてもらったんですね。

これにハマりました。これがなかったら、僕はオンライン英会話やめていたかもしれないくらい、当時マンネリしていたんです。

ネイティブキャンプの5分間ディスカッションは、軽い自己紹介が終わったら即座にレッスンに入ります。

そして、先生が質問する→生徒が答える→先生がリアクションして次の質問へ→生徒が答える…と続いていくQ&Aがメインのディスカッションなんですね。



Q&Aディスカッション 4つのメリット


women-talk-laptop-room.jpg

(1) 話す時間が増える→流暢さ向上

Q&Aディスカッションは、先生の説明が多い系の教材に比べたら、こちらのスピーキング時間が増えるレッスンなるはずです。
※喋りすぎる先生を引いてしまい、あまり話せないこともある(笑)

質問が用意されてあるので、先生はそれに沿って進めないといけない空気感が生まれるんですよね。

ただ、パターンプラクティス(瞬間英作文)などで中学文法を使ってある程度話せるスピーキングスキル自分の趣味や仕事について英語で話せるネタは準備しておいたほうがいいかなと。イレギュラーな質問がくるかもしれないので。


僕はこのQ&Aディスカッションに出会ってから、25分当たりの自分のスピーキング時間が2~3倍に増えたのと、ネイティブキャンプのレッスン受け放題システムのお陰で、かなり流暢さが上がりました。当者比です(笑)。

ただ、ネイティブキャンプの5分間ディスカッションは残念ながら100トピックしかないので、すぐに1周しちゃうんですね。

で、もう4~5周して飽きちゃったので、運営さんに「もっとトピック増やしてクレメンス」と送ったのですが、へんじがない。ただのしかばねのようだ。

そこで、「他にも、5分間ディスカッションに似たQ&A系ディスカッション教材はあるはずだ」と思い、ネット上を漁っていたところ、いろいろ見つけたので、いいなーと思ったものを選んでまとめてみました。後述します。


(2) あらかじめ準備できる→初心者にも優しい

どんな質問がくるか分からないフリートークと違い、Q&Aディスカッションは、後述する質問集をまとめたサイトを利用するので、あらかじめ準備してからレッスンに臨むことができます。

なので、ディスカッション初心者でも何とかなる……はず

ただ、「5分間ディスカッション」だけは、質問が付いていない(あらかじめ準備しておけない)ので中級者向けです。


(3) 教材がネット上に大漁節→ネタ切れ心配なし

この記事でもいくつか紹介していますが、Google先生で「esl discussion questions for beginners」とかで検索すれば、いくらでもQ&Aディスカッション用の質問が見つかります。


ESLは「English as a Second Language(第二言語としての英語)」の略で、「esl + α」で検索すると英語学習者向けの教材がヒットするので覚えておくといいですよ(*'-^*)-☆


(3) 今ハマってる好きなトピックで熱く語れる

自分が今、何かにハマっていたり、何か熱く語りたいトピックがあったら、後述するQ&Aディスカッション教材で、それについて語れそうなトピックを選び、準備して臨むといいです。

例えば、Netflixのリアリティ番組Queer Eyeにハマっているのなら、レアジョブ教材「カンバセーションクエスチョン 初級」にあるトピック「TV Shows」とか。

いいのが見つからなかったら「esl discussion questions for beginners tv shows」で検索して、自分が答えたい質問があるサイトの質問集を使うという選択肢もあります。



お勧めのQ&Aディスカッション教材まとめ

カンバセーション・クエスチョン(レアジョブ)🔰

Rarejob-Conversation Questions

今まで、個人的にレアジョブのメリットが見えてこなかったんですよね。ネイティブキャンプDMM英会話で十分やんと。

ただ、レアジョブの教材を物色していて、「スモールトーク教材一覧」にある「カンバセーション・クエスチョン」は、個人的には3社の中で、最も素晴らしいディスカッション初心者向け教材だと感じています。初級・初中級・中級合わせて180レッスン。

カンバセーションクエスチョン 初級
カンバセーションクエスチョン 初中級
カンバセーションクエスチョン 中級


■ Pros - メリット

トピックが身近で取っつきやすいものが多く、ディスカッション初心者に優しいなと。

DMM英会話にも「テーマ別会話」などのQ&A系ディスカッション教材はあるのですが、難易度がちょっと高めなので初心者向けじゃないんですよね。

また、レベルが3段階に分かれていて、徐々に質問の難易度が上がっていくのも親切設計。


■ Cons - デメリット

せめて「初級」の質問群だけにでも日本語訳が付いていたら、ディスカッション初心者により優しいものになるのになと。というのも、DMM英会話の教材の英文には日本語訳があるものが多いんですよね。


スピーキング(ネイティブキャンプ)🔰

NativeCamp-Speaking.png

ネイティブキャンプの教材「スピーキング」は、イラストを見て英語で説明したり、意見を述べたり、質問に対して意見を述べたりするQ&Aディスカッション教材です。全部で82レッスン。

後述する5分間ディスカッションに飽きてから最初に見つけた教材で、こちらもお世話になりました。

5分間ディスカッションと違って、質問が記載されてあり、しかも易しめの質問の割合が多いので、ディスカッション初心者にも比較的優しいほうかなと。

こちらも無料で公開されてあるので、ネイティブキャンプ以外の方でも持ち込みでレッスンできると思います。


■ Pros - メリット

前半は初心者向けのものが多く、進むにつれて徐々に難易度が上がっていく感じです。また、イラストを描写するトピックがそこそこあるので、英語で描写するスキルも多少は伸ばせます


■ Cons - デメリット

82レッスンしかないので、ネイティブキャンプで毎日2レッスン受けているとすぐに終わってしまいます。これも増やして欲しいなー。


デイリーニュース(DMM英会話)

dmm-daily-news-01.png

DMM英会話「デイリーニュース」は、5分間ディスカッションをやり飽きてから、一時期かなりお世話になっていました。

僕はネイティブキャンパーですが、今でも面白そうなニュースを見つけたときは、教材を「5分間ディスカッション」に選択して、DMM英会話デイリーニュースを持ち込んでやっています。で、DMM英会話から流れてきた先生とのレッスンになることもあります(笑)。

DMM英会話デイリーニュースを使ったレッスンの予習・進め方などについては「オンライン英会話ディスカッションのネタ切れ→DMMデイリーニュース」で詳しくまとめているのでぜひ!


■ Pros - メリット

最大のメリットは、記事が無数にあるので飽きないんですよね。ありがたい。質問がこちらも10個ついています。あと写真がオシャレ。検索もしやすいので、自分の興味ある記事を見つけやすい


■ Cons - デメリット

ニュースについてディスカッションするためには、どうしても先生にもニュースの内容を知ってもらわないといけないわけです。

で、レッスンの最初にこちらで読み上げるのですが、そうすると2分くらいロスするんですよね。25分のうちの2分って大きいと思うのは、僕がせっかちで悪名高い大阪人だからですか?

その点、上述したレアジョブの「カンバセーションクエスチョン」、後述するDMM英会話の「テーマ別会話」や「ELS Discussions」、ネイティブキャンプの教材「スピーキング」「5分間ディスカッション」は、いきなり質問から始めてもらえるので、2分のロスがなくなる→スピーキングの時間が増えることになります。


テーマ別会話(DMM英会話)

DMM-Conversation Topics

ディスカッションに慣れてきて、いろんなトピックで話せるネタも増えてきたら、DMM英会話の教材「テーマ別会話」にチャレンジしてみて下さい。

ちなみに、オリジナルはEngooの「Conversation Topics」です。

上述したレアジョブの「カンバセーションクエスチョン」やDMM英会話「デイリーニュース」よりも、難易度が高めの質問の割合が多い感じがしています。

例えば「Describe an accident.」みたいに言葉の定義を自分で説明する質問があったり、仮定法で答えないといけない質問があるので、それなりのスピーキングスキルと文法力が必要になるかと。


■ Pros - メリット

けっこう考えさせられる質問が多く、ディスカッションをたくさんこなしてきて、スピーキングスキルもそれなりにあり、どんなトピックがきても何か意見が言える中級者であれば、かなり楽しめると思います。

トピックも大量にあるので、ディスカッション好きの僕もネタ切れにならずに続けられそうだなと。また、各質問に日本語訳があるのも親切。

あと、まだ未トライですが、ディベート用の質問もあるのがいいなと。またDMM英会話を契約したときにやろうかと考えています。


■ Cons - デメリット

まだそんなにやり込んでいないので、今のところこれといったデメリットはまだ見えてこないのですが、あえて挙げるとすれば、初心者には厳しいなと。


ESL Discussions

ESL-Discussions.png

ESL Discussions」は、古くからオンライン英会話をやっている人には有名なサイトQ&A質問集サイトです。

もし今何かディスカッション的に語りたいことがあったら、それに最も近いトピックを選び、それでレッスンを受けるという方法もあります。


■ Pros - メリット

709トピックもあるので、ネイティブキャンパーだと毎日2レッスン受けても1年中続けられますぜ、ぐひひ。


■ Cons - デメリット

易しい質問もあるのですが、難しい質問と混在している感じなので、ディスカッション初中級~中級者向けになるかもしれません。また、レアジョブ同様、質問に日本語訳もないです。というより、DMMが親切過ぎるだけ。




5分間ディスカッション(ネイティブキャンプ)

NativeCamp-Five-min-Discussion.png

ネイティブキャンプの教材「5分間ディスカッション」は、100個のトピックの中から選んで、先生から出される質問に答えていくレッスンです。僕は1番目から順にやっていき、数周しました。

ただ、質問が一切記載されていないので、これはネイティブキャンプユーザー専用になります。ネイティブキャンプを利用されている方は、上述した教材「スピーキング」で鍛えたら、ぜひチャレンジしてみ下さい。ディスカッション好きなら絶対楽しめるはず。

詳しい内容については、「英会話中級者→ネイティブキャンプの5分間ディスカッションは超お勧め!」をぜひ。


■ Pros - メリット

最初にお伝えした通り、ここでご紹介している他の教材と違って、質問が一切記載されていない→どんな質問がくるか分からないので、スリルがあって楽しいです。

また、上述したDMM英会話の「テーマ別会話」のように、定義を説明する質問もあるので、その点でも難易度は高め


■ Cons - デメリット

質問が記載されていないので、あらかじめ準備できないという点で初心者向けではないです。また、質問が公開されていないということは、他のスクールの方が持ち込みでやるというのもできないんですよね。



Q&Aディスカッションのコツ


この項目は詳しく書くか、新しく別記事にする予定です。「○○について書いて欲しい」など何かご要望があれば、ぜひコメントに書き込んで下さい!

● 初心者は準備して臨もう🔰

woman-write-note-pen-computer-book.png

特にディスカッション初心者の方は、NO準備で臨むとほとんどしゃべれず撃沈する可能性大だと思います。

なので各質問に対して、最低でも2つの文、できれば3~4つくらいの文を、書いて暗唱して臨みましょう。

難しくないです。「I like」で好きなことを言った後(or 「I think...」で自分の意見を述べた後)、「because」で理由を説明します

どういうところが好きなのか、なぜそう思うのか。可能であれば理由を3つ述べる。スピーキングであれライティングであれ、「何かを主張したら3つ理由を述べる」というのをクセづけておくといいです。何かと役立ちます。

また、好きじゃない部分や欠点・短所などがある場合は、「What I don't like about A is...(Aの好きではないところは)」「The drawback(bad part) of A is...(Aの短所・欠点は....だ)」 も説明すれば、さらに1~2文追加できます。

【参考】オンライン英会話ユーザーにライティングをお勧めする4つの理由


● 中級者はパッシブ語彙を使っていく

パターン・プラクティス(瞬間英作文など)で練習していて、中学文法を使ってある程度話せるという初級~中級者の方は、パッシブ語彙を積極的に使っていきましょう。

パッシブ語彙というのは、リスニングやリーディングでは理解できるけど、スピーキングやライティングではまだ使えていない語彙です。スピーキングやライティングでも使えている語彙はアクティブ語彙と言ったりします。


● レッスン開始時

レッスン開始前に、教材を選択しないといけないスクールの方は、「ディスカッション系」のものを選んでおくといいと思います。

ネイティブキャンプユーザーなら、教材選択は「5分間ディスカッション」がお勧め。5分間ディスカッションっぽく進めてもらえるので。

そしてレッスンの開始時は、

Excuse me, today instead of using the Five Minute Discussion topics,
すみません、今日は5分間ディスカッションのトピックを使うのではなくて

I would like to take a class using this website's questions.
このサイトの質問集を使ってレッスンを受けたいです


と伝え、スカイプなどのチャットボックスにそのサイトのURL(リンク)を貼り付けて送ります。


● 最後まで到達できなかった場合

Q&Aディスカッション教材は、特にレッスンが盛り上がったりすると、最後の質問までたどりつけないことがよくあります。

なので、途中で終わってしまった場合は、次のレッスンでも同じ教材を選び、次のように伝えるといいです。


Excuse me, during the last class, I already finished Question Number 4,
すみません、前回のレッスンで、質問4番まではもう済んだので、

so I would like to start with Question Number 5, please.
質問5番から始めたいのですが)

Also, if we reach the last question during the class,
(また、レッスン中に最後の質問まで到達したら)

Can we move on to the next topic?
次のトピックに進んでもいいですか?)


また、話が脱線してもいい&柔軟に質問して欲しい方は、レッスン開始時に次のように伝えておくといいです。


I very much welcome off-topic questions and conversations.
トピックから外れた質問や会話も大歓迎です。


Q&Aディスカッションについては以上になります。参考になれば幸いです!





同じカテゴリーの記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)


PAGE TOP