TOEIC 第221回(06月25日) 感想・難易度まとめ

toeic-review-01.png

対象:TOEIC受験者/受験予定者 
読了:約6分(3627字)
公開:2017-06/27

TOEICを受験された方、お疲れ様でした!お陰様で43回目も無事に受験できました。

この記事では、今日のTOEICの難易度・感想と自分がやってきた勉強、役に立ったTOEIC本などをまとめています。

今回の試験のWeb上での結果確認TOEIC SQUARE)ができるようになるのは、通常は試験日から3週間後の月曜日(おそらく)の昼ごろからで、公式認定証は試験日から1ヶ月後に発送されます。

ちなみに、各パートの難易度は個人的な感想なので、参考程度に留めておいて下さい。それでは今回のTOEICを振り返ってみたいと思います(・∀・)/
 

リスニングパート

リスニングパート全体

Part 1・2・4はそこそこできたと思いますが、Part 3で1セット全滅しました。他にもいくつか分からない問題があったので、今回は450点前後だと思います。

● やっぱりナレーターが速い

今回もPart 1からナレーターが速かったです。なんかもう最近ずっと言ってる気がしますが(笑)

最近「Netflix」で「私はラブ・リーガル」を観ているのですが、ドラマのほうがもちろん、音も崩れてるし、音の連結・消失も激しいとは思います。

ですが、速さの点では、TOEICのナレーターも負けてないなと。

本試験にも『公式問題集』にも出てこられる、例の早口のオーストラリア人男性なんか、200 wpmを完全に超えてるときもあると思うんですよね。

次のカナダ人YouTuberのSharlaさんが、だいたい200 wpm前後で話しておられます。




必ずしも映画やドラマでトレーニングする必要はないですが、TOEICのナレーターの速さに慣れることは重要です。

先月満点が取れた大きな理由の1つは、この1年、TOEICや英検の素材で【 速聴 】してきたから、というのがあります。


ある程度聞き取れるまで練習した音声で「速聴」する
→ リスニング時の処理速度が速くなる
→ 脳の処理リソースに余裕が生まれる
→ Part 3・4では音声を聞きながらマークしやすくなる
→ 音声が終わると同時にマークも完了しやすくなる
→ 次の問題の先読みに多くの時間を回せるようになる


特にリスニングで400点以上ある人は、普段のトレーニングで、オリジナルのスピードで聞き取れるようになるまで練習したら、1.2~1.5倍速のスピードでも瞬時に聞き取れるまで練習しておくと、数ヶ月後に幸せになれます。


● アクセントの強いイギリス人女性降臨

おそらく、4月のTOEICにも降臨されたであろう、アクセントの強いイギリス人女性が今回もお出ましになられていました。

アクセント的には、ボニー・ウィコットさんに近い感じがしていますが、アクセントはもっと強いです。

アクセントが強いと、音を聞き取るほうに脳の処理リソースが取られるので、どうしても聞き取るスピードが遅くなります

Part 3・4だと、多少聞き取れなかったとしても、会話の流れやコロケーションからある程度推測できるのですが、Part 1・2は情報量が少ないので、重要な単語やフレーズが聞き取れなかった場合、撃沈するんですよね。


ただ、このイギリス人女性、発売されている3冊の『公式問題集』には出てないんですよね。恥ずかしがってないで出ておいでハニー。

公式問題集のイギリス系のメインの女性ナレーターはかなり聞き取りやすいアクセントなので、あまり練習にならないと感じています。



最近新しく発売されたこの本も、一通りザッと音声を聞いてみたのですが、いつものメンバーのみでした。

「公式スピーカーによる音声CD付き」という謳い文句が書かれてありますが、すべての公式スピーカーが入っているわけではないので……なんかちょっとズルい(笑)


Part 1:やや難

No. 6を間違えたかもしれません。なんか聞いたことのない感じのセンテンスがいくつかありました。新しいパターンかな。


Part 2:普通

最近流行りの「距離が遠い間接応答問題」の割合がすごく多かったです。

正確な数は分からないですが、感覚的には3割くらいあったような。

3問くらい自信のないものもありましたが、けっこうキャッチアップできたと思います。去年はすごく苦手だったので、かなり成長したなと。勉強した内容は「TOEIC 第220回(05月21日) 結果・感想・難易度まとめ」をご覧下さい。

完璧に聞き取れるレベルにはまだまだですが、重要なところをしっかり聞き取れる割合が増え、消去法の精度も上がってきたので、正解が選びやすくなりました。



『新形式精選模試リスニング』のTest 3-Q22の設問の英文にかなり近い問題が出ていました。この模試を解いたときは間違えたのですが、しっかりトレーニングしたお陰で、試験時は瞬時に聞き取れたので正解を選ぶことができました\(・ω・)/

聞き取れなかった音声は、【 脳内ディクテーション 】と【 フラッシュカード瞬間英作文 】でトレーニングするのが自分の鉄板になっています。

【参考】TOEIC スコアもリスニング力も向上する勉強法 Part 1・2編


Part 3:難

Part 4:普通

去年よりも、Part 3がちょっと難しくなってるように感じるんですよね。気のせいかもしれないですが。

今回は、例のイギリス人女性と、オーストラリア人男性が早口過ぎるのもあって、何の話かサッパリ分からないセットが1つありました(˜∀˜;)

また、三人の会話が3セットありました。あれ、いつもより多いなと感じたんです。

TEX加藤先生もブログ記事「2017年6月TOEIC感想」で仰っておられたので間違いなさそうです。


あと、図表問題で「座席表」が描かれていて、「どれを選ぶか?」みたいな問題がありました。座席表を見たら、やはり「窓側/通路側」を聞き取る必要があるなと予測できます。


Part 3・4は、僕がまだヒッカケを見抜く精度が低いんですよね。あまり良く聞き取れなかったパートは、部分的に聞き取れた単語から類推したり、流れを予測して選んでることも多いんですよ。

だから、おそらく巧妙な不正解の選択肢をいくつか選ばされている可能性はある気がしています。

毎回満点を取る方々は、こういうところをしっかり聞き取って、正解を選べてる割合が、僕より多いのではないかと考えています。

いずれにせよ、地道にリスニング力を上げていくしかないので精進して参ります!ヾ(゚Д゚ )

【参考】TOEIC スコアもリスニング力も向上する勉強法 Part 3・4編



リーディングパート

リーディングパート全体

リーディングパートは全体的に難しいと感じました。何とか最後まで解くことができましたが、ここ最近では個人的には最も難しい部類に入ります。

カンでマークした問題が外れまくってたら、900点切る可能性も十分ありそうです(;´∀`)


Part 5:難

問題自体はそんなに難しかったわけではないのですが、前半に、簡単に解ける問題が少なくて、いつもよりかなり時間かかりました。という意味でやや難。

後半は、空欄の前後で解ける問題がいくつかあったので、少しキャッチアップできましたが、それでもPart 5が終わったのは、13:56で、自分のタイムテーブルから2分ビハインドになりました。

【参考】TOEIC スコアもリーディング力も向上する勉強法 Part 5・6編


Part 6:やや難

3つめと4つめの文章が難しかったです。

特に4つめの文書は、メールや手紙ではなく、タイトルもなく、話の内容が分かりづらいタイプでした。Part 6でこういうのがくると僕の読解力だと厳しいですね。

14:06に終わったので、タイムテーブルから4分ビハインドになりました。


Part 7 MP:激難

僕はMP(マルチプルパッセージ:2~3文書問題)から解く派なので、MPからいきますね。

今回は特に、どの文書も難しかったです。英文量も多く、問題も悩むものが多かったです。

確かDP(ダブルパッセージ:2文書問題)だったと思いますが、市役所の文書がすごく難しかったです。満点ホルダーのサンミンさんのツイートによると、難題の部類に入りそうです。

満点ホルダーですら難しいと感じる問題を、アラサーになってから英語を始めた純ジャパの僕が解けるわけがない(笑) こういう文書を正確にスラスラ読めるようになるレベルには、あと数年かかる気がしています。

【参考】TOEIC リーディング465点が獲れたPart 7勉強法「通読トレーニング」


Part 7 SP:普通

SP(シングルパッセージ:1文書問題)

SPの中盤~後半はそんなに大変でもなかったのですが、1題目から英文量が多いものが多かったです。「2問付き文書でここまで読ませるか?!」というものがいくつか続きました。



雰囲気的には、『公式問題集 新形式問題対応編』のTest 1 Q147-148や、『公式TOEIC L&R 問題集1』のTest 1 Q153-154のような感じです。

2問付きの文書は、基本的に本文を読むのに2分かけてはいけないんですよね。設問と選択肢を読んで、必要があれば本文に戻ってチェックする時間も含めて2分で解かないといけないです。

【参考】TOEIC リーディングで時間が足りない!対策と勉強法 Part 7編


話はそれますが、1つめの文書が面白かったです。

本のレビューだったのですが、その本の内容が「恋する二人が手紙でやりとりする」というもので、ストーリーが切なくてロマンチックでした。TOEICにしてはめずらしい感じ。



他のTOEICkerの方々の感想


今回のTOEICを受験された、僕が信頼しているTOEIC講師・TOEICkerの方々をご紹介しておきます。

Jet Bullさん:第221回TOEIC公開テスト感想
ふーじーさん:第221回TOEIC(2017年6月25日)ふりかえり
TEX加藤先生:2017年6月TOEIC感想
花田徹也先生:6月25日TOEIC(第221回)に関する講評・速報・感想



 
同じカテゴリーの記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)


PAGE TOP