カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください


宮城県被災地見学・ボランティア体験レポ 前編

9月24~25日と、宮城県の気仙沼市・南三陸町の被災地見学と、陸前小泉で少しだけですがボランティアを行ってきました。

このブログは、英語・TOEICに関するブログなので、それとはあんまり関係のない記事はなるべく控えていたのですが、3月11日の津波・震災から半年経った今でも、被災地の状況はひどく、たくさんの方に知っていただいたほうがいいかなと感じたので、記載させていただきました。

興味を持たれた方は、お時間のあるときにでも、ゆっくりご覧いただきたいと思います<(_ _)> 続きを読む

総勉強時間 2000時間 達成★



英語の学習時間、ようやくトータル2000時間を超えました。


前に書いたかもしれないですが、
マルコム・グラッドウェルの「天才」という本で、
天才と呼ばれる人たちは、若い頃に1万時間費やしている」というのを知ってから、
時間をかけることの大切さを、再確認してます。

質か、それとも量か?

ではなく、質も量も大事なんだなと。


「天才はなぜ、そんなにスゴイのか?」ということに、昔から興味があります。
天性のものだけではなく、後天的な何かもあるんじゃないかと。

その答えの一つが、「1万時間」。

基本的に、天才=超努力家、なんだなと。

イチロー、ビル・ゲイツ、ビートルズ……
天才と呼ばれる人たちは、10代のうちに、
それぞれの分野で、1万時間以上費やしている
そうです。

天才は一日にしてならず。

そんな彼らを見習って、
僕も、ひたすら時間を費やしていこうと思います、

もう30代やけどw



英語。

最初の数百時間は、相談できる人もおらず、ホントに完全なる独学で、
勉強の仕方もよくわからないまま、
今から思うと、あまり効果のない勉強ばかりしてました。

また、当初はTOEICを受けるつもりもなかったですし、
継続のコツも知らなかったので、最初の頃は、ホントにサボりまくってました。


もし最初から、
きちんとした勉強法---音読・瞬間英作文・暗唱をきちんと理解して、
そして、TOEICを中心に勉強していたら、

もっと早く、今のレベルに到達できていたんじゃないかと、悔しい気持ちがあります。


まぁ、後ろを振り返っても仕方ないので、
今と将来を見据えて頑張っていきたいと思います★

今年中に、3000時間いきたいなぁ(*´∀`)


みなさんも、それぞれの分野で、1万時間目指して頑張ってください♪ 続きを読む

自分を変えたければ、大和路快速に乗れ!!

先日、TOEIC満点講師・TOEIC本著者のヒロ前田さんのセミナーに参加してきました。

学べることはたくさんありましたが、
前田さんの言葉で、僕的に一番印象に残ったことは、


環状線を抜け出すためには、

「大和路快速」に乗らないといけない


でした。
※ヒロ前田さんは、一時期、関西に住んでおられました。


↓大和路快速の路線図

イメージ 2


大和路快速は、天王寺までは大阪環状線を走るのですが、
天王寺からは、環状線を外れて、奈良方面に向かいます。

↓大和路快速の詳細
【新快速|米原行き】進行、発車!-電車好き滋賀高3のblog-
http://blogs.yahoo.co.jp/sinkai_hikone/44720818.html


何のことかと申しますと、

今までと同じ考え方、同じやり方、同じ勉強量だと、
環状線を回るだけで、今のレベルから上に上がることはできない
ということなんですね。

今の自分を変えたいのなら、
今までとは違うことをしないと、ずっと同じレールの上を回り続ける
ぞと。


言われてみると、どこかで聞いたことのあるような内容ですが、
自分が伸び悩んでいるときは気づかないもんですね。
例えも絶妙だなと。


この名言だけで、僕にとっては最高のセミナーでした。
大和路快速に乗れるように、さらに猛勉強したいと思います(≧д≦)q

今年最初のTOEIC 4HIC1 Major

今年最初のTOEICを受けてきました(・∀・)b


前回11/28(785点)に受けたテストと比べると、
今回はリスニング・リーディングともに出来が悪かったです(´・ω・`)ショボン


2年前に初めてTOEICを受けたときよりも、確実に難易度は上がってきてますね。
TOEIC講師の方々が仰られるように、
TOEICは毎年(毎月徐々に?)難化傾向にあるというのを、素人ながら感じてます。

リスニングの音声は速くなってきてるし、表現も難しくなってきてるし、
Part 7は読む量が増えてきてるし(ノД`)
点数は取りにくくなるけど、でも、実用的になってきてるとも言える。


あと、僕はまったく気付かなかったですが、
Terry’s TOEILeaks January 2011によると、
今日は音声の外人さんが2~3人増えていたとか。
確かに、実用的な意味では、
多様な話し方・アクセント等に慣れた方がいいし、これもいい傾向かも。


フォームは4HIC1(メジャー)でした。


◆Part1
今回問題解く量を増やしたのに、聞き慣れない表現が多かった。
Part 1は中級者でも満点を取りにくいパートになってきてるなぁ。

◆Part2
6~7問くらい、よくわからない問題があった。
陳述・選択疑問・長い問題文に弱い。

もっとたくさん問題を解いて、音読しないといけない気がする。

◆Part 3・4
きちんと先読みが出来なかったのもあって、
3問全滅というケースがわりとあった(T-T)

音は聞こえるが、意味が理解できない音声が多く、
内容がわからないまま終わることが多い。

音読回数がまだまだ少ないのか、
最近やってないシャドウイングをやった方がいいのか、
解く量が少ないのか、
上記3つ全部が原因なのか。


◆Part5・6

いつも通りの出来具合。52問中、多くても4~5間違い。
でも20分しっかり掛かってるから、
Part7に時間を確保するために、もっと速く解けるようにしたい。

公式問題集、特急シリーズ、秒速解答法を、
最低30回は繰り返す必要がありそう。


◆Part7

公式問題集Vol.3・4のPart7のすべての文書を、
速く音読・黙読する練習をしてきたお蔭か、
今日は、速く読めた文書が多かった。

しかし、知らない表現、
うる覚えですぐに理解できない表現はまだまだ多く、
また、馴染みのないジャンルの問題は、
読むスピード(=理解スピード)が確実に遅くなる。

また、選択肢が非常にややこしい問題がある。
選択肢もしっかり読んで細かいニュアンスをつかまないと、
安易な理解では、ヒッカケの選択肢に引っ掛かる。

対策としては、
やはり、もっとたくさんの文書・問題に触れることだと思った。



◆総評

TOEIC講師・TOEICブロガーの方々のブログを読んでると、
今日のメジャーフォームは、Part1以外は難易度は普通のようですね。

となると、Part2・3・4を難しい、Part7が時間内に全部読めない、
という僕は、TOEIC900点レベルにはまだちょっと遠いんだと再確認しました。


次回の3/13のテストまで、残り42日。
戦略を練って、計画を立てて、頑張っていきたいと思います(≧▽≦)/



以下、今日のテストで参考にさせていただいたブログ。
皆さん、ありがとうございました<(_ _)>

TOEICオタクのブログ
OJiM's Diary rev2.01
TOEIC Blitz Blog
TOEIC征服日記2

数か月ぶりにPart1を解く

数か月ぶりに、公式問題集Vol.3・4のPart1をすべて解きました。

最近は、リスニングはPart2・3・4ばかりトレーニングしてまして、Part1は全然やっていなかったのですが、1/30のテストも近づいてきたので、そろそろ復習しておこうと。

正答率は38/40。

has been/is beingの認識間違いとgrass/glassの聞き間違い。

前者はトレーニング次第で何とかなりそうやけど、
単語の途中にあるRとLの聞き間違いを改善するのは難しいっす。

何とかならんもんかのう(ノД`)

音読練習のお蔭でPart2のレベルも上がってきた

Part2は特別なトレーニングをしているわけではないのですが、
今日久しぶりに、公式問題集Vol.4Test1のPart2を解いたら、
以前よりもしっかり聴き取れてました(≧▽≦)


今年の夏頃は、
「何度か聴くとわかる」「スクリプトを読めばわかる」
というレベルだったのですが、

文頭から聴こえてきた順に、
瞬間的に処理をする能力が上がってきてるのを感じます。


ここ1ヶ月くらい、Part7の問題文・設問文・選択肢をひたすら音読するトレーニングと、
Part3・4をリスニングして、音読・オーバーラッピングするトレーニングを毎日やっているのですが、

おそらくそのお蔭で、文頭から理解する能力が付いてきて、
Part2に問題にも対応できるレベルになってきつつあるのだと考えられます。


特にPart7は「Why」から始まる設問文が多いので、
Part2の「Why」から始まる問題が強くなってきました。

10/31のテスト

10/31のTOEIC受けてきました。

うーん、思ったほどリスニングがよくなかったです(ノД`)

Part1・2はまずまずでしたが、Part3・4は前回よりできなかった気がします。
まず、会話の内容が頭に入ってこなかった。先読みもうまくできなかった。


今から思うと、音読回数も少ないし、音読のやり方も流し気味やった気がする。
もっと臨場感を込めて音読するようにしないといけないかなーと。


Part5・6は自信があります。
文法特急・単語特急、公式問題集を何度も解いたので、
正答率も、正答スピードも上がってきた気がします。


しかし、Part7が全然ダメだ……
やはり、時間が全然足りない。読む量に圧倒される。

毎日ちょっとずつ問題を解いてるだけじゃ太刀打ちできないのを痛感。
速読練習と、大量に英語を読む習慣を身につけないといけない。

公式問題集Vol.3 復習



10/31のテストまで、あと12日。

公式問題集Vol.4のTEST1・2が終わったので、
残り2週間でVol.3 TEST1・2の解き直しと復習・音読に入ります。


昨日はVol.3のTEST1を時間を測って解きました。


Listening 95/100

 Part1 9/10
 Part2 29/30
 Part3 30/30
 Part4 27/30

Reading 87/100

 Part5 35/40
 Part6 10/12
 Part7 42/48


1回解いて復習・音読している模試でも、2~3ヶ月も放っておくと、
忘れていることは多いですね(ノД`)

Part5とか自信なくて「多分コレ」っていうヤマカン的な正解が多かった気がする。

あと、Part3・4は本文は、春頃に100回ずつ音読してたけど、
当時、設問や選択肢はまったく音読してなかったから、
今回のテストでパッと見てわからなかった=先読みがよくできなかった。
設問と選択肢をひたすら速く読んでいくだけの訓練もした方が良さそうだ。

それに、もう少し短いスパンで復習する機会を作らないといけない。


あと、この日は朝から昼まで3時間テニスをして、友達と昼ご飯を食べて、
帰ってきて、公式問題集Vol.4 TEST1のPart2・5・6をやって、

夜9時半からVol.3 TEST1をやり始めたのですが、
やっぱり脳が疲れているせいか、英語が全然頭に入ってこなかったです(~∀~;)


というわけで、今日からPart3・4、Part7の音読に入ります。
っていうか、もう入ってます。

ひたすら音読



10月はこの公式問題集Vol.4を使って、問題を解き直した後、ひたすら音読してます。
特にPart3・4。

スクリプト見ずにリスニング、
スクリプト見ずにリスニングして通訳式にチャンクで訳すorイメージ化、
スクリプト見ながらCDに合わせて音読、
スクリプト見ながらCD無しで音読。
暗唱。

ひたすらこれを繰り返してます。

20~30回繰り返すだけでも、
けっこう聴き取りがよくなる気がします。

余裕でリスニング・音読できるようになってきたら、2倍速でひたすら聞きます。
そこからノーマル速度に戻ると、ものすごくゆっくりに聞こえる。

それが快感♪


ちなみにPart7は問題を時間を測って解いた後、本文・設問・選択肢を10回音読します。
シングルパッセージの後ろの方やダブルパッセージは、
読む量が非常に多いので、10回音読は超しんどいです(ノД`)

我ながらなんてスパルタな……

TOEIC700点台到達☆

710.jpg


9/12に受けたTOEICの結果が返ってきました。

710点。

リスニング 375 + リーディング 335


ようやく到達したよ、700点台(ノД`)長かった……

ちなみに、前回7/25に受けたときは、620点だったので、90点アップ。


伸びてる実感はあんまりなかったのですが、
7/25から9/12まで、公式問題集Vol.4を使って約100時間勉強したのは、
無駄ではなかったということですかね。


だた、正直に言って、今の英語力ってホント~に不安定で微妙です。

ちょっとでもサボると全然聴き取れなくなったり、
海外ドラマなどは、速くて何言ってるのか、まったくわからないことも多いし、
スピーキングはスラスラ出てこない。


それに、ここ2週間は、結婚式バンドの練習であんまり勉強できてなかったし、
おそらく現在のレベルは下がってると思われます。


というわけで、今月からまた猛勉強開始やで!!(≧д≦)q

目標の900点超えまで、あと190点。
今年中に達成したいけど、さすがに厳しいかなぁ( ̄▽ ̄;)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)


PAGE TOP